オイル美容液は順番が重要|エイジングケアに最適な3つの効果

オイル美容はべたつきそうと敬遠されがちですが、フェイスオイルの種類によっては顔に脂性を残しません。

何よりも、美容オイルには、ポリフェノール、脂肪酸、抗酸化物質などの有益な成分が含まれており、炎症を軽減し、皮膚にツヤのある輝きを与える効果があります。

ローズヒップオイル ★アンチエイジングにおすすめ

ローズヒップオイルは老化防止オイルの1つで、チリで主に栽培されている特定のバラ品種の種子からコールドプレス法で抽出されます。

必須脂肪酸が豊富で、ビタミンE、C、D、ベータカロチンが含まれています。

肌に潤いを与え、肌を保護し、潤いを与え、フリーラジカルによるダメージと戦い、しわを減らします。

ビタミンと抗酸化物質により皮膚を若返らせて弾力性を回復し、黒ずみを修正し、瘢痕を減らします。

ローズヒップオイルにはビタミンCとビタミンA、次の必須脂肪酸も含まれています。

  • オレイン酸
  • パルミチン酸
  • リノール酸
  • ガンマリノレン酸

ローズヒップオイルは、リノール酸とアルファリノール酸で構成される脂肪酸であるビタミンFの優れた供給源でもあります。

ローズヒップは、オレンジやレモンよりもビタミンCが多いと考えられています。

そして含まれるビタミンAには以下の効果があります。

  • 太陽のダメージを減らして元に戻す
  • しわを減らす
  • 色素沈着過剰の軽減
  • 軽度から中程度のにきびの治療

ローズヒップオイルが傷跡やストレッチマークの出現を減らす証拠があります。

アンチエイジング効果

まとめると、ローズヒップオイルの美容効果は以下です。

  1. お肌の水分蒸発を防ぐ
  2. 保湿効果を高める
  3. 角質除去を助け、トーンアップ
  4. コラーゲンの生成を促進
  5. 抗炎症作用により炎症を抑える
  6. 光老化を防ぐ
  7. 色素沈着の減少
  8. 小じわを減らす
  9. 肌細胞の寿命を強化する

使い方

皮膚に浸透しやすく、集中的な保湿および老化防止の処置として他のオイルまたはローションと共に使用することができます。

ローズヒップオイルは、光への露出を防ぐために、暗いガラス瓶に保管し、腐敗を防ぐために冷蔵が必要です。

ローズヒップオイルの確立された推奨用量はありません。一般的なガイドラインは、保湿剤として1日2回肌の乾燥した部分に塗ることです。

マルラオイルの美容効果

アフリカマルラフルーツの実から収穫されたマルラオイル は、浸透力・高保湿に優れ、乾燥だけでなく刺激や炎症も減らすことができます。

脂肪酸が豊富で、他のオイルよりも60%多い抗酸化物質を含んでおり、老化や太陽のダメージに対して強力な効果を発揮します。

また、抗菌作用があり炎症やにきびを起こしやすい肌に最適です。

より詳しい内容は以下にまとめています

使い方

多目的オイルなので、皮膚だけでなく髪、爪にも使用できます。

たとえば、シャンプー・トリートメント・スキンクリーム・ローション・ネイルトリートメントとして混ぜて使用も可能です。

ベタつかず、化粧下地やファンデーションと混ぜて使用するのにも最適です。

脂性肌やニキビの治療に良い保湿剤となり、抗菌特性があり、ニキビ、にきび、細菌に対して有効な場合があります。

相乗効果のある成分

マルラオイルは、幅広い化粧品の原料としても使用され、エッセンシャルオイルとしても購入できます。有益な成分は次のとおりです。

  • アミノ酸 L-アルギニンとグルタミン酸、水和、アンチエイジング特性
  • パルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸、ミリスチン酸を含む脂肪酸。皮膚軟化剤と保湿効果があります。
  • フェノール化合物やビタミンEやCなどの抗酸化物質。フリーラジカルと戦い、太陽の紫外線や汚染による皮膚の損傷を防ぐことができます。

ココナッツオイルの美容効果

ビタミンEが詰まったココナッツオイルは、従来の保湿剤として使用できます。

ココナッツオイルは脂肪酸が豊富であるため、肌の一種のバリアとして機能し、湿気を閉じ込めます。

抗菌性と抗真菌性があり、肌と髪を保護するのに役立ちます。

さらに、ココナッツオイルは、抗酸化状態を改善することで炎症を緩和する可能性があります。

抗酸化物質は、体内のフリーラジカルを安定化させ、炎症の原因となる可能性のある反応性原子を中和します。

2013年の動物実験では、ココナッツオイル、オリーブオイル、ヒマワリオイルなど、さまざまな種類のオイルをラットに与え、45日間の研究の終わりに、バージンココナッツオイルは抗酸化状態を改善し、酸化ストレスを最大限に防止しました。

使い方

室温で固体、ココナッツオイルの融点は約75°です。

室温ではワセリンに似た質感で塗布するとすぐに溶けますが、オイリー肌には少し重いかもしれません。

シャワーで保湿シェービングクリームとヘアコンディショナーとして使用したり、ローションやリーブインコンディショナーの自然な代用品として後で使用もできます。

ココナッツオイルの成分

  • ラウリン酸: 49%
  • ミリスチン酸: 18%
  • カプリル酸: 8%
  • パルミチン酸: 8%
  • カプリン酸: 7%
  • オレイン酸: 6%
  • リノール酸: 2%
  • ステアリン酸: 2%

ココナッツオイルは約90%の飽和脂肪で、大さじ1杯に約12グラムの飽和脂肪と1グラムの不飽和脂肪が含まれています。