ピーリング12種類の使う頻度と順番とは|酸の美容効果でニキビ・毛穴の改善

にきび、しわ、シミ、肌のトーンの改善に役立つAHAなどの「酸」。

多くの種類があるため、どれを使用するか、どの製品を購入するか選択が困難です。

12種類とその効果をみてアンチエイジングや肌悩みに役立てましょう。

AHAとBHAの違い

AHAとBHAはヒドロキシ酸の一種です。

AHAは多糖果実から作られた水溶性の酸で、皮膚の表面を剥奪を助け、使用後は、肌がなめらかになります。

一方、BHAは油溶性でAHAとは異なり、BHAは毛穴に深く入り込んで、死んだ皮膚細胞や余分な皮脂を取り除くことができます。

AHAの効果

  • シミ、肝斑、瘢痕などの軽度の色素沈着過剰
  • 拡大した毛穴
  • 細い線と表面のしわ
  • 肌の色ムラ

    AHAは多くの場合、すべての肌タイプに対して安全であるとされています。

BHAの効果と適した肌質

にきびや太陽のダメージに主に使用されます。

毛包の奥深くまで行き、余分なオイルや死んだ皮膚細胞を乾燥させ、毛穴の詰まりを解消します。

これらの効果のため、BHAは脂性肌への配合に最適です。

美容に関係する酸の種類

サンチル酸

肌を角質除去し、毛穴を清潔に保ち、ニキビを減らすことで知られています。

セラムやクレンザーに0.5〜2%の濃度で含まれているほか、スポット治療にも含まれています。

サリチル酸は、にきび、にきびの傷跡、肝斑、日光による損傷、皮膚科クリニックのシミを治療するための剥離剤として、より高濃度で使用されます。

色素沈着を起こしやすい暗い肌でも安全に使用できます。アスピリン(アセチルサリチル酸)に関連しているため、抗炎症作用もあります。

グリコール酸(AHA)

スキンケアで使用される最も人気のあるアルファヒドロキシ酸(AHA)です。

サトウキビに由来し、粒子が小さいため肌に浸透するのに最も効果的でアンチエイジング剤としても人気です。

肌の角質除去、小じわの軽減、ニキビの防止、シミの退色、肌の厚さの増加、肌の色合いや質感の調整に非常に効果的です。

多くのカルトスキンケア製品で通常、10%未満の濃度で使用されています。

サリチル酸と同じように、グリコール酸はにきびや色素沈着の治療のための皮にも使用さ

マイクロダーマブレーションやマイクロニードリングと並行して使用されます。

ただし、グリコール酸を使用すると、肌に触れていなくても日光に対する感受性が高まるため、日光によるダメージを防ぐために日焼け止めも使用する必要があります。

マンデル酸(マンデリック)

アルファヒドロキシ酸で、アーモンドに由来します。

グリコール酸と同様に、ニキビの予防、日光による損傷の治療、色素沈着の解消に役立つ角質除去剤です。

ただし、分子構造が大きいため、グリコール酸ほど皮膚に浸透しないため、皮膚への刺激が少なくなります。

色素沈着が発生しやすい肌の場合、グリコール酸の代わりにピーリングで一般的に推奨されています。

再度色素沈着を発生する場合は、過度の使用により特定の物質に対する耐性の高まりが原因です。

そういった理由により逆効果をもたらすことがよくあります。

アスタリフトホワイト

アゼライン酸

過去30年間、中程度のニキビ治療法の1つであり、処方のみのクリームに含まれています。

毛穴をきれいに保ち、細菌を殺し、炎症を減らします。

一般に、朝と夜の顔全体に塗布するように設計されたクリームに15〜20%の濃度で含まれています。

アゼライン酸は一般に副作

用がほとんどありませんが、皮膚が非常に敏感な一部の人では、刺すような痛み、剥がれ、発赤を引き起こす可能性があります。

美白剤としてや、ニキビ跡や炎症後の色素沈着を軽減するのに役立つため、ハイドロキノンの代替としてレチノイドと結合されます。

コウジ酸(麹)

酒造用の米の発酵に使用される細菌によって生成されます。

そのため、アジアのスキンケア製品で人気の成分で老化防止の特性があります。

クレンザーやセラムに1〜4%の濃度で含まれています。

アスコルビック

ビタミンCの最も一般的な水溶性フォームであり、アンチエイジング効果のためにスキンケアに使用されています。

肝斑の治療において、ハイドロキノンの代替品としても使用されています。

アスコルビン酸は、酸素と水の存在下では非常に不安定であるため、リン酸マグネシウムアスコルビルマグネシウムおよびテトライソパルミトイルアスコルビン酸という名前で、より安定した形で一般に入手できます。

乳酸、酒石酸

角質除去剤として機能するAHAは、不均一な色素沈着を軽減し、肌の質感を滑らかにする働きもあります。

乳酸はグリコール酸に次いで最も研究されたAHAであり、より穏やかで、より水和性が高く、太陽のダメージを受けた皮膚の治療に効果的です。

乳酸は果物から作られる他のAHAとは異なり、牛乳の中の乳糖から作られ、角質除去とアンチエイジング効果で知られています

フルーツ酸(リンゴ・クエン酸)

リンゴ酸

AHA-BHAクロスオーバーの一種で、リンゴ酸から作られています。

他のAHAと比較して、他の酸をより効果的にする可能性を秘めています。

クエン酸

柑橘系の果物の抽出物から作られています。

皮膚のpHレベルを中和し、肌の荒い部分を均一にに、保湿剤を適用する前に使用するセラムまたはトナーになります。

日焼け止め効果をサポートし、最大限の紫外線防御に役立ちます。

フェルラ酸

セラムのビタミンCおよびEと組み合わせて最も一般的に使用される抗酸化成分。

この強力な抗酸化トリオは、紫外線によって生成される有害なフリーラジカルから皮膚を保護する能力でよく知られています。

メルシアラムール

リポ酸

アンチエイジング効果のある抗酸化成分ですが、その効果はかなり控えめなため人気は衰えてきています。

トリクロロ酢酸(TCA)

ピールで使用され、TCAクロステクニックで傷跡を平らにするのに特に役立ちます。

非常に強力であり、専門家のみが使用します。

アルグロン酸

バイオディーゼル生産の副産物。

アンチエイジング効果があると報告されています。

リノール酸・オレイン酸

一般に、リノール酸を多く含む油は、油性肌に適した特性を持ち、一方、オレイン酸を多く含む油は、乾燥肌によく効きます。

リノール酸はそれ自体が色素沈着軽減特性を持っていますが、すでにオイルに含まれているため、同じ効果を得るためにはリノール酸を含まない製品を使用する必要があります。

オレイン酸自体は、薬物が皮膚に浸透するのを助けるのに役立ちます。

肌質別おすすめピーリング

にきび肌

  • アザレイン酸
  • サリチル酸
  • グリコール酸
  • 乳酸
  • マンデル酸

年齢を重ねたお肌(アンチエイジング)

  • グリコール酸
  • 乳酸
  • アスコルビン酸
  • フェルラ酸

色素沈着

  • コウジ酸
  • アゼライン酸
  • グリコール酸
  • 乳酸
  • リノール酸
  • アスコルビン酸
  • フェルラ酸

危険な組み合わせ一覧

  • サリチル酸と他の酸。混合すると、皮膚刺激が発生することがあります。
  • ナイアシンアミドを含む製品とサリチル酸
  • グリコール酸や乳酸とアスコルビン酸(ビタミンC)は、アスコルビン酸の効果が働き始める前から消滅する。
  • AHAとレチノールの併用は避けてください。
2019/4/18