頭皮だけじゃない「アデノシン」がスキンケアに効果的な3つの美容メリット

スキンケアとしてのアデノシン

スキンケア製品に含まれるアデノシンは酵母に由来し、アンチエイジング、皮膚鎮静、皮膚回復の特性があることが示されています。

特に、小じわやシワを目立たなくするのに有効な成分です。

スキンケア製品で使用する場合、アデノシンは微量でのみ使用されます(使用される濃度は通常0.01〜0.1%です)。

ただし、現在規定や規制はないため、成分リストの下部にあります。これは化学的リスク評価に基づいており、スキンケア製品におけるアデノシンの使用制限は0.1%未満であることが推奨されています。

De-Age(デ・エイジ)

しわ防止効果

局所的に適用した場合、アデノシンは、目と口のしわを改善するための有効な成分です。

研究で、アデノシンがクリーム、溶解性フィルムまたは溶解性マイクロニードルパッチのいずれかで適用された場合、

しわを滑らかにし、弾力性を改善し、真皮密度を高めるのに優れていることを発見しました。いずれの研究でも、皮膚の刺激や副作用は報告されていません。

アデノシン分子は、真皮線維芽細胞(コラーゲン、エラスチン、およびグリコサミノグリカンの生合成に関与する細胞)に存在するA2Aと呼ばれる受容体に結合できます。

皮膚線維芽細胞のA2A受容体へのアデノシンのこの結合は、コラーゲン(タイプIおよびIII)の生成を刺激しします。

アデノシンが線維芽細胞のA2A受容体に結合することにより、皮膚のI型およびIII型コラーゲンの生成に直接影響することが立証されています。

皮膚回復の効果と副作用

皮膚の創傷治癒と組織修復の促進にも有益です。

アデノシンがにきびの治療に有効な成分である可能性もありますが、

他の多くの有効成分がすでに利用可能になっているので、すぐにアデノシンが抗ニキビ成分として販売されることはなさそうです。

また、アデノシンは人体全体の多くの細胞プロセスの機能を調節するため、高濃度で使用すると、有害な生理学的および薬理学的な副作用を引き起こす可能性があります。

スキンケアとして相性がいいのはカタツムリクリームだとされ、韓国ではカタツムリクリームに配合されたものが人気です。

お肌の鎮静効果

アデノシンは、免疫細胞の炎症作用を阻害することにより、皮膚の炎症を軽減します。

免疫細胞のA2A受容体へのアデノシンの結合は、活性酸素種の生成、食作用およびサイトカイン放出の阻害をもたらします。

これは、アデノシンが敏感肌やニキビのある人が炎症を和らげるのに有効な成分の可能性を示唆しています。

しかし、この分野での研究は行われていないため、アデノシンの局所適用が皮膚の状態の治療にどれほど効果的であるか、またどの程度の濃度が必要であるか(そして安全か)はわかりません。したがって、アデノシンがすぐに肌を鎮める成分として販売されることはないようです。

無添加ホワイトニング

アデノシンの副作用とリスク

1920年代からアデノシンとその人体内での作用が研究されてきましたが、その抗しわ効果は2000年代初頭に発見され、特許を取得しました。

これらの研究では、アデノシンクリームまたはフィルムを皮膚に塗布した被験者に副作用や皮膚刺激は見られず、敏感肌の人に適しています。

リスク評価により、アデノシンは非常に安全なスキンケア成分であり、一般使用において既知毒性はないと判断されています。

現在、どの国でもスキンケア製品にアデノシンを使用するための規制はありません。

シンプルなスキンケアの定番として朝や夕方に、このクリームを顔に塗ると、一日中肌に潤いが保たれ、炎症のある吹き出物やニキビを直しやすくなります。

スキンケア効果発見の歴史

アデノシンの皮膚へのアンチエイジング効果は、マサチューセッツ大学医学部の2人の研究者が、加齢による心臓機能への影響に関する研究を行っているときに偶然発見されました。

これらの研究者らは、2009年にEasamineと呼ばれる、アデノシン(高級アンチリンクルクリーム)を含む最初のスキンケア製品を発売しました。

2010年、ロレアルはアデノシンを特徴とする独自のアンチエイジングスキンケア製品ラインを立ち上げました。

韓国でいち早く主流のアデノシンスキンケア

多くの韓国のスキンケアブランドがアデノシンのしわ防止の利点を認めており、美容液、フェイシャルクリーム、アイクリームに含まれています。

含有されているアデノシンは米国内で生産された製品にのみ適用されることが多いです。

【COSRX】アドバンスドスネール92 オールインワンクリーム/100ml/カタツムリクリーム/コスアールエックス/韓国コスメ/オリーブヤング公式 【楽天海外直送】