ベビーコラーゲン注射とベラフィルの違い|しこりなどの副作用と持続期間

コラーゲン注射は3種類

コラーゲンは皮膚の最も豊富なタンパク質で、コラーゲン注入は皮膚の下にウシ(牛)コラーゲンで構成されるコラーゲンを注入することによって行われる美容施術です。

アメリカではベラフィルと呼ばれる薬剤が最も人気で、コラーゲンの成長を長期的に促し、最大5年間維持する唯一の真皮フィラーです。

頻繁なヒアルロン酸注入に時間とお金を浪費することなく、アメリカ食品医薬品局FDAが5年先まで安全で効果的であると承認した唯一の皮膚充填剤で、5年後の状態満足度は83%と高い水準です

ベビーコラーゲン注射

コラーゲンと一口に言っても種類が複数存在します。

Ⅰ型コラーゲン:骨や皮膚に含まれるコラーゲン
Ⅱ型コラーゲン:関節や軟骨に含まれるコラーゲン
Ⅲ型コラーゲン:組織を再生する際に使われるコラーゲンで、赤ちゃんの体内に大量に存在

ベビーコラーゲンは、Ⅰ型とⅢ型がそれぞれ50:50で配合されたコラーゲンで、持続期間は数ヶ月から1年半程度です。

ベラフィル

  • 米国で入手可能なのコラーゲンフィラーで、瘢痕を治療するために食品医薬品局(FDA)によって承認されている唯一のフィラーです。
  • 牛のコラーゲンとポリメチルメタクリレート(PMMA)ビーズ、ミクロスフェアでできています。また、局所麻酔薬であるリドカインを配合しており、可能な限り痛みを抑えた構成を実現しています。
  • PMMAマイクロスフィアは皮膚下にそのまま残り、独自でコラーゲンが成長できる構造を作り出します。
  • アメリカ食品医薬品局FDAが5年先まで安全で効果的であると承認した唯一の皮膚充填剤で、5年後の状態満足度は83%と高い水準です

スカルプトラ

  • コラーゲンフィラーではなく、ポリ-L-乳酸(PLLA)を主成分とするコラーゲン刺激剤です。
  • PLLA微粒子は、吸収された後、コラーゲン生成を刺激することで皮膚と連携し、再構築されたコラーゲンは、時間の経過とともに徐々に若々しい印象になります。
  • 通常、3〜4か月に3回の注射が必要ですが年齢や個人差により異なり、体内で失われるコラーゲンの量によっては、さらに多くの治療が必要になる場合があります。
  • Sculptra Aestheticは、最長2年間、またはPLLAの合成素材が体内で分解されるまで続きます。
  • PLLAは生分解性で生体適合性のある人工ポリマーです。

ジュビダームとの比較と副作用

コラーゲン注射の中で最も強力なベラフィルと、ヒアルロン酸注射で最も主流なジュビダームとの比較していきます。

  • 安全性:ジュビダームは、2006年にFDAによって最初に承認され、ベラフィルは、2015年に承認されました。

どちらも副作用のリスクがあり、注射直後の赤みやかゆみのような軽いものから、皮膚の下の炎症を起こした結節のような治療を必要とするほどの重度のものまでさまざまです。

  • 持続期間:ジュビダームは通常約9〜24か月後に繰り返し施術する必要がありますが、ベラフィルは約5年間持続します。
  • 効能:ベラフィルはにきびの傷跡を埋めることが承認されていますが、ジュヴェダームにはありません。

費用の比較

原産国アメリカの現地価格を比較します。

2017年時点のジュビダーム費用は約682ドルで、

ベラフィルの費用は約859ドルでした。

トータルコストを考慮した際は、ジュビダームの治療はベラフィルよりも頻繁に繰り返す必要があることを忘れないことが必要です。

注入箇所により持続期間が異なる

  • 顔のしわを伸ばすために、一年を通して何度か修正が必要な場合があります。
  • 瘢痕を減らすには、瘢痕の程度に応じて、1年に1回から2回の通院で済むことがあります。
  • 唇の場合は3ヶ月ごとに行うのが状態キープには必要です。

コラーゲン注射の効果はすぐに現れますが、完全な結果を得るには最大で1週間または数か月かかる場合があります。

コラーゲン注射の副作用とは

深刻な皮膚反応は稀で、アレルギーを悪化させないために牛コラーゲンを使用している場合は、皮膚テストを行うことが重要です。

どの美容手順でもあるように、副作用の可能性があり、コラーゲン注射の場合は以下です:

  • 皮膚の発赤
  • 腫れ、出血、あざなどの皮膚の不快感
  • 注射部位の感染
  • かゆみを伴う皮膚発疹
  • 瘢痕化の可能性
  • しこり
  • 注射が血管に深く入りすぎると顔に傷として残る
  • 注射が眼に近すぎる場合の失明