コラーゲンサプリの間違った選び方と効果がない理由

20代から毎年1%ずつ減少し40代後半から5年ごとに30%以上失われるコラーゲン。

コラーゲンと一口に言っても種類は多岐に渡り、分子が大きいものは全く効果を成さず、

またコラーゲンを摂取すればぷるぷるのお肌になる認識も実は間違いです。

具体的にどのような種類をどのような手段で取り入れることが一番効果的なのか、

2020年5月に韓国충주호암종로약국が発表した結果をもとに解き明かします。

出典:ニュートリパーマ・ 충주호암종로약국

コラーゲンは高分子だからスキンケアでは効果なし?

コラーゲン配合を謳ったスキンケアは多く存在しますが、

元々の成分分子が大きいので、皮膚を透過できず、スキンケアでは効果の期待は困難という事実が。

ダイレクトにお肌に注入するコラーゲン注射やサプリメントでの摂取の方が美容への効果が期待できます。

コラーゲン注射の実際は?

注射によるコラーゲンの注入はすぐに効果があるものの、

数か月後に体内で生分解されるため、定期的に注入しなければならない煩わしさがあります。

効果的な摂取はナノ化すること

サプリで摂取したコラーゲンは体内でアミノ酸に分解された後にペプチドで吸収されるため、

実際の体内に吸収される量は多くありません

しかし、成分をたんぱく質を分解したアミノ酸の形で摂取すると

体内分解過程なしに質量のまま吸収されるの為、吸収率が上がます。

(引用:タマチャン

これまで、コラーゲンは「アミノ酸として分解されるだけ」と認識されていましたが、

近年では「ペプチド」の状態でも、体内でそのまま吸収されることが分かってきました。

吸収されたペプチドは、体のすみずみまで届けられ、お肌はもちろん、関節や骨など全身で活用されます。

しかし、市販の多くのコラーゲンサプリは牛皮・豚皮を加工しており分子が大きく、

体内に吸収されずにほとんどが排出されるため効果の感じにくいという実態があります。

対して小さい魚の鱗を400‐500daltonでナノ化したものは体内吸収率を100%近くまで達すると言われています

【参考:コラーゲンの分子の比較】

  • 豚・牛皮コラーゲン:5000-5万Da
  • 魚コラーゲン:2000-5000Da

1日の推奨摂取量

60㎏の成人基準で10g以上である研究結果があります。

2.5~5g摂取した臨床研究では、健康または若い人には大きな影響を与えないことが証明されています。

コラーゲン吸収を促進する4つの要素

1.抗酸化成分であるアントシアニン

ブラックベリー・ブラックカラント・ブルーベリー・アロニア・ビタミンCetc.

2.ヒアルロン酸

繊維芽細胞に水分を引き寄せる役割を果たす

3.N-アセチルグルコサミン

皮膚の保湿成分であるヒアルロン酸の前駆体として皮膚真皮のヒアルロン酸を増加させます。

4.ビタミンA(レチノール)

ビタミンAは、繊維芽細胞を刺激してコラーゲンの合成を促進させ、ビタミンCと同様にコラーゲン分解酵素を抑制し紫外線による生成される活性酸素を抑制し、

皮膚のコラーゲンが損傷されることを予防してくれます。

5.その他

MSMグルタチオン亜鉛マンガンなどの栄養素もコラーゲンの合成を促進するために有用です。

コラーゲンの種類

さて、続いてコラーゲンの種類をみていきます。

大きく以下4つに分類されます。

  1. 動物性コラーゲン
  2. フィッシュ低分子コラーゲン
  3. マリンベビーコラーゲン
  4. 植物性コラーゲン(大豆etc.)

肌への吸収には分子量が500Da未満でなければ角質層を通過できず

ナノ化したコラーゲンでなければお肌に効果が期待できないのは前述の通りですが、

食事から摂取する場合はどうなるでしょうか。

たとえば豚肉を食べた場合、体内でアミノ酸に分解され多くの部分が排泄されしまうため、吸収率はわずか2%です。

一方でサプリなどナノ化したコラーゲンを摂取した場合は分解される過程がなくすぐに吸収されるため、吸収率は90%にまで上昇します。

☟の表はコラーゲンの種類と分子の大きさを表した表です。(出典:충주호암종로약국)

左から、食品コラーゲン・動物性コラーゲン・フィッシュコラーゲン・マリンフィッシュコラーゲン・植物性コラーゲン

表から、Da500未満で吸収率90%以上なのはマリンフィッシュコラーゲンと植物性コラーゲンの2つです。

植物性コラーゲンは大豆やキャノーラ・植物プランストンから抽出したコラーゲンで、

マリンフィッシュコラーゲンに比べて抗酸化物質(フラボノイド)が多く含まれているのが特徴です。

まとめると、分子の大きい順で

  1. 動物性コラーゲン
  2. フィッシュ低分子コラーゲン
  3. マリンベビーコラーゲン&植物性コラーゲン

吸収率の大きい順に並べると、

  1. マリンベビーコラーゲン&植物性コラーゲン
  2. フィッシュ低分子コラーゲン
  3. 動物性コラーゲン

という結果になります。

韓国では、ナノコラーゲン15000という製品が人気を集めていますが、類似した商品は日本にも存在します。

日本の類似サプリは楽天で買える

日本で購入できるフィッシュコラーゲンサプリですと、天使のララがオススメです。

良質な魚のウロコから抽出したフィッシュコラーゲンを高純度に精製し、

香料・着色料・保存料を一切加えずにそのままを個包装にし

コラーゲン本来の三重らせん構造を含んだままの、純度の高い原液を摂取できます。

独自製法ミクロフィルタリング精製法によって、コラーゲン独特のにおいや飲みにくさを解消し、

毎日のドリンクや食事に1袋入れるだけで気軽に摂取できるのが特徴です。

楽天でも気軽に購入が可能で、評価は★4.5!

30~50歳の年齢層に適しており、効果も上図の通り約10%のお肌の水分量の増加が検査で明らかになっています。

効果がないサプリ

おそらく誰もが、サプリの効果を感じなくて飲みきらなかった経験がありますよね。

そんな時に便利なのが、余ったサプリを宅配買取【リサイクルネット】 の利用です。

メルカリで出品も規制されているのでフリマサイトにも売れないし、捨てるのにはもったいない。

リサイクルネットなら簡単にお申し込みができて、自宅に買取に来てくれるので手間がかからず断捨離にも有効です。