女性薄毛クリニックの育毛剤レポ|ミノキシジル前後写真と対策にも|治療前に改善できた!

30代になり、抜け毛にストレスからの白髪もパラパラと…

いまのままのホームケアだけでは先行きの老化不安から、

人生初の毛髪専用銀座HSクリニックに行ってきました。

気になるカウンセリングの中身と、30代からのケアの相談をしてきました。

カウンセリングで教わった内容は目から鱗でした!

購入した育毛剤を含め、アラサー以上は知っておくべき頭皮ケアをこちらの記事では共有していきたいと思います。

30歳での髪質の変化

季節の変わり目やストレスでお肌が揺らぐのと同じように、

髪も抜け毛が増える時期が20代のときからありました。

しかし、今年31歳になり

季節や揺らぎ関係なくシャンプーの度に抜け、

ドライヤーの度に抜け、と

どんどん抜ける頻度が高くなり、日中のトップのボリュームもでにくく、

なんだか毛が細くなってきたような…と感じることが増えました。

やはり美肌のために美容クリニックに行くように、

若々しい頭皮と髪質改善のために今回クリニックの受診を決めました。

銀座HSクリニックカウンセリングレポ

女性薄毛治療の口コミで大人気の銀座HSクリニックに行ってきました。

ネットの情報よりもやはり専門クリニックの話は信憑性が高く、今後のアンチエイジングに役立つお話をたくさん聞けました!

ボリュームが出ない、女性薄毛の5つの兆候とは

  1. 今まで直毛だったのに癖が出てきた
  2. 猫っ毛でもないのに髪がペタッとなりがちになった
  3. 髪がうねりやすくなった
  4. 髪が細くなった
  5. ボリュームが減った

これらは、髪質が変わった証拠で、厄介なことに

進行が進めば進むほど改善するのが難しい薄毛や抜け毛の症状。

だからこそ、薄毛や抜け毛の兆候を見逃さないようにして薄毛対策を行うことが大切のよう。

抜け毛改善がセルフでは難しい理由

男性の薄毛と異なり、女性特有の原因がある薄毛症状はセルフケアでの改善はなかなか難しいものなんだとか。

女性特有の原因が大きく関わり、

  1. 加齢
  2. 女性ホルモンの減少
  3. 間違った頭皮ケア
  4. ストレス
  5. 栄養不足

などが挙げられ、中でも薄毛になる多くの方に見られる原因は「加齢」。

食生活や生活習慣に問題がない健康的な女性でも、加齢が原因で薄毛に悩む方が多いようです。

加齢により女性ホルモンが減ると、男性ホルモンのテストステロンが相対的に優位となります。

このテストステロンと毛包の中の酵素「5αリダクテーゼⅡ型」が結びつくと、

「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質を生成するのですが、このDHTが髪の毛に悪影響を与え、抜け毛・薄毛を招きます。

女性の薄毛タイプは7種類

  1. FAGA(びまん性脱毛症)
  2. 慢性休止期脱毛症
  3. 円形脱毛症
  4. 分娩後脱毛症
  5. 脂漏性脱毛症
  6. 牽引性脱毛症
  7. 圧迫性脱毛症

詳しくは、ドクターDSクリニカルラボに載っているので、

自分がどのタイプかによりケアの方法が変わってきます。

ショック!あの頭皮ケアがムダだった…

薄毛に悩む女性の中には、頭皮マッサージをする方も少なくありませんが、

実はこれらでは発毛効果はほとんど得られないと言っても過言ではないんだとか。

女性の薄毛は原因が複合的なので、セルフケアでの改善は難しいもの。

予防のみならず、発毛・育毛して薄毛や抜け毛自体を改善したいのであれば、専門的な医療機関に通うのがベストだと感じました。

「薄毛治療に通うのは勇気がいる」と感じる方も多いようですが、

放置しておくと進行してしまう薄毛・抜け毛だからこそ、薄毛治療は早めに開始するのが◎

ヘアスプレーやシャンプーを使って、髪のボリュームや艶があるかのように見せたり、

ヘアスタイルを変えたりウィッグをつけたりすることで一時的に悩みを隠すことはできるかもしれませんが、根本的な解決にはなりません。

髪と頭皮に必須の4つの栄養素とは

ビタミンB6、B12も薄毛対策には欠かせない栄養素です。

ビタミンB6は髪を作るタンパク質のもとなので、ビタミンB6が欠乏すると髪がつくられなくなります。

ビタミンB12は、髪をつくりだす毛母細胞の働きを活発にする作用があり、それによって髪が生えやすい環境を作ります。

他にも髪にいい栄養素はありますが、「髪をつくる」という観点から見た時に大切な栄養素はタンパク質亜鉛、ビタミンB6、B12です。

単体で全て摂ると多量になってしまうため、マルチに配合されているサプリだと、

費用が抑えられることに加え、錠剤の数も少ないので続けやすいです。

  1. 白髪サプリメント【ブラックアゲインEX】
  2. イクモアプレミアムサプリメント 
  3. 白髪予防にミレットアップ 

増える白髪…染めるのではなく少なくできる?

白髪の原因は大きく分けて3つ

  1. 年齢による老化現象
  2. 遺伝的要因
  3. ストレスや環境要因・病気

最近の研究によれば、白髪になりやすい人では髪の毛を黒くする色素に関わる遺伝子の発現が少ないことが分かってきているんだとか。

ある研究によれば、毛髪の根元にある「たんぱく質FGF」という増殖因子が少ないと色素量が減ることが解明されています。

また、皮ふの脱色が起こる白斑症がある人はその部分が白髪になるケースもあります。

白髪を予防できる?リバイタライズトリートメントとは

今までもクリニックで受けられる白髪治療は存在していて、特に「メソセラピー」が既存治療として用いられています。

メソセラピーは「ビオチン」をはじめとする髪の毛を健康に育てるために必要な成分を頭皮に導入する方法ですが、

新たな治療法として、「メソセラピー」を進化させたヘアケアが最近登場した「リバイタライズトリートメント」があります。

白髪対策はもちろん薄毛改善・髪質改善にも効果があり、既存の治療である「メソセラピー」に「水素トリートメント」を組み合わせた画期的な方法として注目されています。

1度の治療で髪の水分量が2.5倍に!

リバイタライズトリートメントは一度の施術で髪の水分量が約2.5倍にも上がるので、うるおいのある生き生きとしたツヤ髪を実感。

水素トリートメントの後にメソセラピーで栄養成分や成長因子を頭皮へ注入することで頭皮の深部からの改善をはかることが特徴です。

ビオチンはサプリメントからでも摂取できますが、頭皮注入の方が吸収力において優れています。

白髪を改善および予防しつつも、ツヤのある美しい髪を手に入れることができるという点で、既存の治療法とは一線を画す方法と言えるようです。

ヘアカラーするときの薄毛予防とは

これらの理由から、水素が髪や頭皮に重要で大切な役割を担うことがわかりました。

カウンセラーさんによると、髪質改善トリートメントでは水素を含んでいることも多いようです。

ヘアカラーは白髪が増えるごとに必須のケアとなりますが、頭皮を痛めたくないし、薄毛も予防したい。

そんな時は水素ケアを美容院でのオプションで付けられるならおすすめなんだとか。

水素水水素浴など髪だけではなく身体にも良い影響を及ぼすので、

取り入れて損はないアンチエイジングの一部として取り入れていきましょう。

ミノキシジル育毛剤の費用と成分

薄毛治療として広く使用されている「ミノキシジル」を主成分とした育毛剤を購入しました。

頭皮の血行が促進され、血流が増加すると毛乳頭や毛母細胞に栄養がたくさん運ばれるようになり、それぞれの働きの活性化を促します。

【第1類医薬品】ラボモ LABOMO ヘアグロウ ミノキシ5 60mL 発毛剤 育毛剤 ミノキシジル 発毛 育毛 養毛 アートネイチャー 発毛促進 抜け毛予防 薄毛対策 抜け毛 脱毛症 男性用 男性 メンズ 薄毛 脱毛 頭皮 aga 送料無料

ミノキシジルを配合した育毛剤は楽天などでも買えますが、どれも配合は1%などの低配合。

価格帯は1%の低配合でも5,000円と高価です。

対して、今回購入した育毛剤はなんと7倍の7%の高配合で1万円ちょっとだったので、

コスパを考えると銀座HSクリニックで買う方が相当いいことは一目瞭然です。

今日から1ヶ月使ってみて、使用レポを追加していきたいと思います。

ちなみに、公式HPから無料カウンセリングが受けられるので、まずは相談だけでもいってみるとエイジングケアの概念が修正されます◎

衝撃!ミノキシジルを1週間使ってみた結果

正直、育毛剤の劇的な変化は出ないだろうなと半信半疑で使用をし始めた部分もありました。

しかし、使用5日目くらいから、明らかにつむじや分け目のボリュームと立ち上がりが全く違うことに早くも気付きました!

私は基本的にいままで分け目はあまり変えていないことに加えて、

つむじの凹みと薄くなっていることを年齢を重ねて気になっていました。

なので、そのあたりに重点的にミノキシジルを多めに充てて塗り込むこうにしていました。

その結果、つむじの薄さが合わせ鏡でみたときにあまりきにならなくなり、

分け目もくっきりで老け見えしていた部分もふんわりボリュームがでたことで

ぱきっとした分け目ができなくなりました。

さすが、口コミ評価が高いだけある銀座HSクリニックと思いました。

使用前の写真を撮り忘れており、Beforeがないですが、

1週間使用経過時点の写真はこちらです。

ミノキシジル育毛剤の使い方

ビンとスポイトから構成されていて、スポイトで1プッシュ吸引した分が1回の使用量とのこと。

乾いた髪より濡れた髪の方が地肌(頭皮)につきやすいので、朝より夜のお風呂上りの使用を推奨されていました。

地肌につけたら毛穴に押し込むように指の腹を使って軽くマッサージするように塗り込んできました。