6つのひとり暮らし節約法|食費や電気代を5万円安くするお金やりくりの工夫とは|家具はレンタルでミニマリストにもおすすめ

ひとり暮らしを始めるタイミングや賃貸更新のタイミングで頭を過るお金周りの問題。

節約は苦手だけど、生活水準は下げたくないし貧しい生活もイヤ。

そんな風に考える女性も多いのではないでしょうか。

カーシェアリングやシェアハウスが流行り始めた昨今では、ひとり暮らしにも優しいサービスが徐々にでてきていることをご存じですか?

「この固定費は削れない」そんな固定概念があったものも、実は月々の節約の対象に。

きっとあなたにも必ず無理なく節約できる部分が必ずあります。

家具家電|月400円~のおしゃれレンタル

賃貸を見ていると、家具家電付のお部屋もちらほらありますが、実際問題衛生的に不安だし、

何よりも前に使っていた人の顔が見えないことに加え、デザインや機能を選べないのが難点。

かといって、全て揃えようとすると高くつくし…

そんな時に便利なのが、家具家電のサブスクリプション(レンタル)です。

たとえば、CLASのレンタルサービスは自分の好みにあったものを選べる優れたサービス。

例えば、意外と費用のかさむテーブルを見てみましょう。

月々440円~多くのデザインから選べます。

☞他の家具のデザインを見てみる

家電の場合も破格の費用でレンタルが可能で、しかも最新ものもレンタルで使える品揃えの良さがあります。

☞他の家電のデザインを見てみる

初期費用が無料なことに加え、保険料はレンタル料に含まれるので安心して使えます。

無料で交換でき、次に引っ越す際には家具家電の運搬費が必要なくなるので引っ越し費用も抑えられるという最強のメリットもあります。

レンタルの流れはスマホひとつでできるので、注文も返却も全てが簡単です。

GoProが格安でレンタルできるRentryの場合は家電に特化したサービスが充実で、美顔器などの美容家電や

加湿器・除湿器などの季節ものの家電も充実していてとても便利で重宝します。

食費|1食300円なのにNOストレス節約法

気付いたら意外とかかっている費用が毎月の食費。

バランスを考えてスーパーで野菜果物を買おうとしても、ひとつひとつの量が多すぎて作り置きをするのも大変。

作るレシピもワンパターンになってしまう割に食費が節約できていなかった!なんて女性が多いんだとか。

そこで便利なのが、栄養士の献立が1食300円で食べられる食材宅配のヨシケイ の食事。

自炊でお金も時間もかかってしまっていては元も子もないですよね。

栄養バランスのプロにお任せできて節約も叶うこのサービスは、お金だけではなく時間の節約にもなるので使わない手はありません!

お洋服|月6,800円でトータルコーデ

年々人気が高まっているファッションレンタルサービス

他の人が着たものでしょ?新品じゃないのを着るのはイヤ。

そんな人もいるかもしれませんが、女性に大人気のアパレルブランドEDIST. CLOSET airCloset

新品やクリーニング工場検品済のものが届くので清潔です。

ないかつ、TVや雑誌で活躍するスタイリストがあなたの骨格診断好みに合わせて洋服をセレクトしてくれるので、

おしゃれやコーディネートが苦手な方もおしゃれの仲間入りができちゃう優れたサービスです。

詳しいサービスの内容はこちらの記事にまとめています☟

月々1,000~!ひとり暮らしこそウォーターサーバーが便利

ウォーターサーバーと聞くと、家庭や企業内で、そして置き場所に困りそうというイメージがありませんか?

実はそれ、誤解です。ユーザーの43%は単身orふたり暮らしという驚きのデータから立証されています。

月々の費用は1,000~で、更に置き場所は30㎝四方程度の卓上タイプのものもあるので、

場所をとる2Lのお水の保管も不要で、しかも重い思いをして自宅まで運ぶ億劫さもなくなります。

更にお料理にもすぐに使えてお白湯もすぐに飲めるので、ひとり暮らしの女性にはメリットがたくさん!

 電気代70%カットのウォーターサーバー【フレシャス】はおしゃれな卓上デザインが豊富なのでインテリアとしても楽しめます。

電気代|意外と知らない安くなるしくみ

そもそも、電気代の構成を知っている人が少ないことが、電気代を節約できない大きな理由として挙げられます。

電気代と一口に言っても、3つから構成されていて、これを知ることで月々の電気代をぐっと抑えられます。

こちらの図の赤枠部分、「基本料金」と「使用料に応じた代金」は会社により異なるので、

電力会社を変更することで電気代を下げられるしくみです。

まずは基本料金から見ていきましょう。

電気代の基本料金とは

契約中のアンペアにより決定する費用で、同時にどれだけ電気を使用できるか決めている内容です。

下の図から、大手:東京電力と新電力会社:HTBエナジーを比較すると全てのアンペアに対して5%の節約になっていることがわかります。

出典:でんきの比較インズウェブ

電気代の使用料に応じた料金とは

スマホなどのように、電気の使用量によって電気代がお得になるしくみの従量制がこれにあたります。

具体的にどのくらいの差が生まれるのか見てみましょう。

下図は、東京電力とミツウロコの消費電力の電気代の差を表したグラフです。

電気代を使う程、大きく差が開いていくのがわかります。

夏場のエアコンや冬場の暖房を使うときなど、消費電力が増える時期にも電気代の心配が減るのは言うまでもありません。

安くなるしくみ

前2章を見ての通り、電力会社を変更するだけで電気代を安くすることができるのがわかります。

実際に大手から新電力会社への乗り換えた場合、トータルでどのくらいの節約になるのかを見ていきましょう。

ひとり暮らしの場合、東京電力→@niftyの切り替えで約7,000円もの節約に、

ご家庭の場合はなんと26,936円もの節約になります。

ただ、ひとつひとつ電力会社を比較するなんてとてもじゃないけど大変ですし、

住まい地域や電気利用状況により安くなる会社は異なります。

でんきの比較インズウェブなどで一括比較をすれば、自分に合った電力会社を無料診断してくれるのでおすすめ。

基本料・解約手数料0円のあしたでんきでは申込み前の無料シミュレーションから簡単に料金比較ができるので、そういったサービスを事前に受けるのも賢い節約に繋がります。 

大手が安心という方に悲報、新電力でも気にならないという方には朗報な情報が、

電力会社はどこを選んでも安心で安全という理由が3つあります。

  1. 電力会社に何かあっても電気は止まらない
    →地域の送配電事業者から送電されるため
  2. 電力会社は国の審査・登録を得た会社のため
  3. 停電・災害等の復旧対応に差がないため
    →対応は送配電事業者(地域の電力会社)が行うため差がない

電力以外にも、【ガス屋の窓口】 など、光熱費は契約前に比較してみることがカンタンな節約の第一歩に繋がります。

女性におすすめ!面倒くさいネット回線は〇〇に

女性なら誰しも嫌がる煩わしいインターネットの回線の設置の問題。

「節約」は単にお金のことだけではありません。時間の拘束やストレスもお金同様に時間の節約の弊害になります。

自宅に置くだけでスマホのネットが使い放題のSoftBank Airなら

工事が不要で自宅に届いた端末をその日からコンセントに繋ぐだけで使用できます。 

単身での初めての生活は、何かとお金や時間がかかるものです。

賢い方法をいち早く取り入れて、大切な時間をお金を有効に活用しましょう!