グリセリンの肌保湿と毛穴・美白に作用|植物性の化粧品成分での効果とは

グリセリンが美肌に繋がるしくみ

肌を滑らかにし、保湿する能力があるため、多くの美容およびスキンケア製品に共通の成分で、皮膚軟化剤でもあり、肌を柔らかくすることができます。

抗菌特性もあります。つまり、有害な微生物から皮膚を保護することができます。

グリセリンには美白作用があると言われていますが、研究立証はほとんどないのは、その角質除去特性が発端であると考えられています。

局所的に適用すると、グリセリンの保湿特性が皮膚の水分バラ

ンスを改善することにより、皮膚が軟化し剥離が容易になります。

角質除去とは、死んだ皮膚細胞を取り除くことを意味し、これらの皮膚細胞を取り除くと、くすんだ肌を明るくし、黒ずみ、傷跡、およびしみの改善に繋がります。

マイルドクレンジングオイル

美白効果をもたらす使い方

グリセリンは単体使用でも肌に潤いを与え、角質を取り除くことができますが、他の成分と組み合わせると肌を白くすることもできると言われています。

レモンやローズウォーターなどの他の製品と組み合わせて使用​​すると、くすんだ乾燥肌を回復させたり、肌を柔らかくして剥離を容易にすることができます。

ローズ水が収斂剤として機能する一方で、グリセリンは水分と連携しやすいため、毛穴と肌を引き締めるとともに、

自然化粧品の多くの支持者によると、皮膚に潤いを与え肌への抗酸化作用があることが明らかになっています。

一方、レモン汁の酸性度は、変色や不均一な色素沈着を改善する可能性がありますが、日光に対する感受性が高まり日焼けリスクが高まるため注意が必要です。

ヒアルロン酸よりも優れている点とは

米国国立医学図書館研究所によると、以下のものと比較して「最も効果的な保湿剤」であることがわかっています。

  • 乳酸やグリコール酸などのアルファヒドロキシ酸
  • ヒアルロン酸
  • プロピレングリコールとブチレングリコール
  • ソルビトール
  • 尿素
ぱくぱくリセット

抗酸化作用の植物性脂肪酸「 カプリル酸トリグリセリド 」の効果

カプリル酸トリグリセリドは、石鹸や化粧品に使用される成分で、ココナッツオイルとグリセリンを組み合わせて作られます。

50年以上にわたって広く使用され、肌を滑らかにし、抗酸化物質として働きます。

また、他の成分を結合し、防腐剤として働き、化粧品の有効成分を長持ちさせます。

局所皮膚製品に含まれる合成化学物質のより自然の代替品として評価され、「天然」または「有機」の記載がある場合、カプリル酸トリグリセリドを含んでいることが多いです。

天然成分で構成されていますが、製品に使用されている場合は化学プロセスを経ています。

効果としては以下:

  1. エモリエント(皮膚軟化)
  2. 成分を安定させる
  3. 化合物の溶解と分解
  4. 酸化防止

カプリル酸トリグリセリドには、肌を保護し、若々しく感じるのに役立つ抗酸化物質が豊富に含まれています。

アンチエイジング効果を高める方法

3600 本の針で美容成分を届ける| NEEDROPという方法があります。

一般的に美容液などのスキンケア製品はお肌表面に留まり、内側まで入っていきにくい構造となっています。

しかし、美容クリニックなどでも使われる手法で、ニードルという微細な針状の美容成分が角質層に直接浸透させることができます。

「針」といってもとても微細のものなのでもちろん痛みがなく、医療用ではなく家庭用スキンケアとして使用ができるので、安全性が高く、更に有効な成分も届けやすくなります。

特に30~40代女性におすすめなホームスキンケアとしておさえておきたい美容法です。