白髪染めの痛む理由と間違った選び方|そのままカラートリートメント頻度が高いと悪化も

 

30歳。見つけた白髪を発見した時、「若白髪」と言えないお年頃になっていたことにショック!

でも、これから先は白髪や薄毛も隣り合わせと対策を練るのが吉。

髪のボリュームには気付けても、白髪や部分薄毛は自分だと気付きにくいもの。

いつまでも女性らしくキレイな人は、必ず頭皮や毛髪まで行き届いたケアをしています。

正しいケアをまずは「知ること」が大切な第一歩です。

年齢髪の原因と対策

年齢を重ねた髪に重要な2つの成分があります。

  1. コラーゲンペプチド
    髪の結合組織の主成分で、コラーゲンを低分化しカラダへの吸収を高めるもの

  2. NAG(N-アセチルグルコサミン)
    髪の芯を強く上部にする働きをするヒアルロン酸。

    体への吸収が早く、効率的で速い効果が期待できます。

若い髪には溢れていますが、この2つが枯渇状態に陥ると

「白髪・脱毛」などが発生するしくみです。

特許育毛剤である【グロキシルサプリメント】には両方の栄養素が含まれており

この写真☟はサプリの服用前後の写真なのですが、同一人物に見えない程の変化。

年齢と共に減る栄養素は内側からの補給も大切ですよね。

女性は「体型やお肌」など目に見える変化で、自信がついて若々しさが増すと言います。

できることをして、いつまでもキレイでいたい!

頭皮の曲がり角は40歳

HANAオーガニックによると頭皮皮脂量は40代前後で急下降。

20代と比べて美肌菌も1/10に減少し、定期的な白髪染めが頭皮ダメージが加速するんだとか。

アンチエイジングでよく聞くワードは「もっと早く始めればよかった」

「どうしよう!」進行しだしたタイミングで多くの方が後悔しているので、

正しい頭皮毛髪ケアは予定よりも早めが大切なのです。

市販のカラートリートメント実態

アレルギーが起こりやすい酸化染料

というものがあります。

頭皮にダメージを与える危険なもので、その原因は化学物質の

「ジアミン」

市販の薬品に含まれる「ジアミン」の記載は

  • パラフェニレンジアミン
  • 硫酸トルエン2.5ジアミン
  • パラアミノフェノール

    →更に具体的な症状は、

  1. 頭皮の湿疹
  2. 赤くなる
  3. かゆくなる
  4. ピリピリする
  5. 顔や目が腫れる  →なんと突然おきる可能性があることがまた怖い!

ドラッグストアで安易に買ったものが、気休めどころか頭皮に悪影響なんてことも!

GROXIL(グロキシル)

カラートリートメントの選び方

白髪ケアをしたいけど、応急処置としてカラーリングも必要ですよね。

商品選びに迷ったときは、以下の成分が不使用のものを選びましょう。

  • ジアミン系 →天然色素使用が◎
  • 石油系界面活性剤
  • 鉱物油
  • 酸化防止剤
  • 香料・着色料
  • シリコン

    ※市販のものには含まれていることが多いので注意※

ドラッグストアなどで簡単に購入できる手軽さがあります。

でも、大事なのは手軽さよりも「安全で長く使える成分でできたもの」

白髪や毛髪の老化を進めないためにも、そして悪化させないためにも。

たとえば、しっかりと製品説明の記載があり無添加処方でジアミンを使っていないのはハイステップや、髪萌 HATSUMO

(画像☟)自然由来原料を94%のマイナチュレも染め上がりがとてもキレイでした。

白髪染めは一時的な応急処置だと重宝するけど、

できることなら「これ以上白髪が増えるのはイヤ」が本音ですよね。

私もそうだったので、内側&外側からケアできるグロキシルを購入してみました!

ポリピュアチャップアップが楽天やAmazonで人気で評価も高いですが、どちらも男性向けのものだったので少し抵抗がありましたが、

グロキシル公式HPには女性用の症例が多くイメージが湧きやすかったので購入してみました。

公式HPには実際の使用前後の写真がたくさん掲載されていたので、

かなり期待が高まっていました。

ちなみに、最初に載せたこの写真もグロキシルです。

ちなみに毛髪ケアとして有名なのがiherbだと1000円なのに高濃度配合で★評価4以上のビオチン

楽天だとGrowthProjectが人気です。

GROXILの記録

内側ケアとして、まずサプリ。錠剤タイプで飲みやすいサイズ感で、1章目に記載した通りコラーゲンとNAGが配合されています。

もうひとつが厚生労働省認定で「美容専門医」×「毛髪診断士」監修の育毛剤

使用方法の詳細も記載された冊子がはいっていたので使用には迷わずでした。

成分はこんな感じになっています。

有効成分は、

  • センブリエキス :皮膚細胞の代謝改善や血行促進
  • グリチルリチン酸ジカリウム :抗酸化作用を持ち、医薬品としても使用
  • 酢酸 DL-α-トコフェノール :血流を改善し栄養をいきわたらせる

正常なヘアサイクルである成長期の促進にきたいできるようです。

当たり前ですが、今日ケアして明日目に見えることはないので

少し経過を見ていきたいと思います。

頭皮も糖化する

お肌が糖化するとくすんだり顔色が悪くみえますよね。

頭皮も同じで、タンパク質と糖が結び付き白髪や薄毛の原因となる毒性をもった老化物質AGEが発生します。

頭皮の糖化をブロックする3大糖化成分が

  1. ユキノシタエキス
  2. ウメ果実エキス
  3. シルバーパインエキス

    と言われています。

目に見えなくとも内側では糖化が抑制されていることを信じて使い続けてみようと思います!

[番外編]髪にいい成分と効果

コフダイン(ガニアシ)

海藻い含まれる粘りのある成分で、食物繊維の一種です。

ストレス・老化で髪のキューティクルに着色を行うメラノサイトが死滅もしくは弱体化し白髪になりますが、

コフダインはメラノサイト(色素細胞)を修復・再生してくれると言われています。

アナゲイン

オーガニックエンドウ豆から抽出された天然の発毛促進剤。

KGF、ノグインと呼ばれる2つの発毛シグナル因子を刺激することでヘア再栗を整えボリュームのある毛髪へと導きます。