自己真皮再生術でほうれい線が消えた|アンチエイジングは陳整形外科@韓国

シワ/ニキビ痕専門医である陳整形外科で有名な自己真皮再生術

老舗の韓国有名クリニックで長い歴史を持つ陳整形外科は、5年前から気になっていた医院のひとつでした。

念願叶い、遂に去年ほうれい線再生術を受けたのでその記録を共有したいと思います。

感想を一言でいうと、
整形激戦の江南区で20年超の経営を続ける院長の技術に感服!

自己真皮再生術とは

二酸化炭素ガスとヒアルロン酸を用いた陳整形外科特許技術の独自治療法で、このクリニックでしか受けられない再生医療技術です。

日本でも二酸化炭素ガス(Co2)治療はありますが、単独療法での効果は繰り返し短期間で回数を重ねても効果が薄いといった実態です。

陳整形外科では、独自技術でヒアルロン酸と組み合わせることにより持続期間や再生効果を高めることができるという貴重な施術。

現地でも有名なこちらのクリニックはニキビや傷痕、ほうれい線に悩みが多い人の間で老若男女問わず人気だそう。

自己真皮再生術は深いシワや凹んだニキビ痕に効果的ですが、 私が今回行ったのはほうれい線施術です。

年を重ねれば、美容に興味がない方でも加齢を感じるパーツのひとつではないでしょうか。

色々な意見や医師の見解により賛否ありますが、ほうれい線には脂肪注入よりヒアルロン酸の方が有効説を私自身が信じており、

顔の中でも動きが多い部位だからこそ、自家脂肪だと吸収が早いので、今回の施術に至りました。

ほうれい線治療は日本だと1番オーソドックスな部位かと思いますが、壊死や硬直・アレルギーの懸念だけではなく、毎度施す医師の技量にも左右され毎回安心して受けられないことに加え、

長い目で見たときの トータルコストを考えると、再生術の持続性を考慮したら費用対効果が断然高いです。

それでは早速、ほうれい線治療のレポートを記します。

当日の流れ

通訳さん→院長先生→室長さん
という流れで3回に渡り念入りにカウンセリングを行います。

各々の対応がとても真剣且つ悩みに丁寧に寄り添ってくれます。
カウンセリングの際のポイントは「意思をもっていく」ということ。

韓国特有の、カウンセリングで丸投げ相談から適した施術を促してくれる、というものはなく、専門というだけありしっかりと明確にこうしたいという目的意識のある方にはとても良いクリニックだと感じました。

カウンセリングで説明を受けた内容は、とても奥が深く、特許取得時の文献をもっての説明だったので、詳しくは以下クリニック公式情報をご覧ください。

カウンセリングが終わると、そのまま施術にうつりました。

鼻の横貴族部分にヒアルロン酸を少しだけ注入し、
鼻穴横から口元まで下がるしわラインは
自己真皮再生術の施術(注射器)で真皮層を厚く作り、シワを伸ばす流れ。

「フィラー施術は自己真皮再生術の補助的な役割だけであり、
しわを根本的に伸ばすメインとなるのは自己真皮再生術」
というイメージです。

オペ室でははじめに正面・斜め45度・横の角度から写真撮影をした後、
院長先生が注入箇所へのマーキングを行ってくれます。

その後はベッドに仰向けになり、局所麻酔→注射器で注入をしていきます。

施術自体はトータルで10分かからない程度でした。

気になる術中の痛みですが、局所麻酔含めほとんどありませんでした

その後は注入箇所へガーゼを乗せてくれて終了です。
ちなみに2日間はこの状態を維持、そして水がかかるような洗顔もNGです。

☝日本だと悪目立ちする見た目ですが、さすが江南、誰にも基本的にみられませんでした笑

ダウンタイム

術後前後の写真を比較してみます。

前から見たほうれい線。真顔の状態で緩やかですが凹みがあり、
術後はとても馴染んだ状態でナチュラルに凹みが改善しています。

斜め45度から見たほうれい線の状態です。
正面から見たときよりも線でのほうれい線ができていることが見受けられます。

ちなみに右側はアザになりました。
※先生の技量ではなく、もともとの私の体質的に右のみアザになりやすいです。

その後の経過

術前から1か月までの経過を辿りました。
術後直後から1か月先まで見事に状態はキープされています。

そして、3ヶ月検診時に
写真では見ずらい程小さな膨らみが私は気になってしまい、検診時に相談をしたら高さの調整してくれて、今では写真の通りもともとほうれい線なんてなかったのではないかと思うくらいナチュラルかつ綺麗にしあげてくれました。

自己真皮再生術を受けてみて

実は私はこちらの施術を受けるまで、日韓両方でヒアルロン酸をほうれい線に定期的に施してきました。
「いいときと悪いときがあり、いつまでつづけるんだろう、不安。」率直にそう思っていました。
この先数十年いつまでも同じ先生に打ってもらえるかもわからないし、壊死も怖い。

そんな時、少し高いけどずっと気になっていたしと思って陳整形外科にほうれい線の相談をしたのがきっかけでした。

こちらの記事の上部にも記載していますが、金額も高いし正直悩んでいましたが、フィラーを打ち続ける不安と、コストなど全体的なバランスとトータルコストを比較したときに、勝るのは初期投資がかかっても本物をプロに任せるのが1番だなとおもいました。

結果、大満足♡

出来栄えもそうだけど、アフターサービスがとても手厚いところも大きなおすすめポイントです。

施術が終わればはい終わり、ではなく検診時もLINEでの問い合わせ時も丁寧に対応・対処してくれます。

私の場合はほうれい線での相談で伺いましたが、大きなニキビ痕や傷痕も得意とするクリニックなので、
頭打ちな方はぜひ専門医且つ20年以上の歴史を持つプロに相談してみてはいかがでしょうか。

陳整形外科
▶︎Konest()
▶︎blog()
▶︎mail: drchin6131@naver.com
▶︎LINE: drchin777
▶︎公式HP:()