ホワイトスタイル歯科でホワイトニングしました!おすすめ@韓国

韓国美人の透明感はお肌やスタイル、顔立ちなどの造形だけではなく、その条件に必須となっているのが歯の美しさ。

白く並びが整った歯に憧れて、その上費用も安い理由からデンタルケアの為に韓国に渡航する人が増えているようです

そんな今回は、日韓どちらにも知名度の高いデンタルクリニック、
ホワイトスタイル歯科のご紹介とホワイトニングレポートを記します。

ホワイトスタイル歯科のPoint
・江南駅直結の好立地
・患者は日本人/韓国人のみの安心感
・LINEの返信が早くアフターケアも万全

韓国歯科でのホワイトニングの流れ

今回、私が受けたコースは
①デンタル精密検査
②スケーリング(PMTCのイメージで歯のお掃除)
③専門医によるレーザー美白3回

の3点セットになった「ホワイトニング1day」コースです。

流れは一般的なデンタルクリニックと同じで検査⇨診察⇨スケーリング⇨ホワイトニングレーザー照射となります。

ホワイトニング施術に移る前に、デンタルカラートーンチャートを用いて、今自分がどの段階に位置するのかを説明してくれます。

クリニックでのホワイトニングが初めてだった私の歯はなんとA3というショッキングな事実が明らかとなりました。


自分では白い方だと思っていても、写真に写る笑顔の自分の歯をみるタイミングや、

こういったチャートを通すことで、デフォルトの状態からどのくらいかけ離れているのか、また、どこを目指したいのかが明確になります◎

施術前のトーンが分かればスタートです。

施術中、痛みが出ることがあること、ホワイトニング後の禁忌事項の同意書にサインをして、

精密検査、スケーリング(歯のお掃除)、

そしてメインイベントのホワイトニング施術です。

青:歯茎を保護する薬剤
ピンク:ホワイトニング薬剤
を塗っていきます。

そして、2種類の光を当てていきます。

照射時間は15分×3回。

照射の間、顔全体に布をかけられているので何も見えず、基本的には何も感じませんが、

たまにピキッと歯に響く感覚と、ずっしりと鈍い痛みがきました。

ただ、いつの間にか眠ってしまっていたので、痛みはそこまで気になりません。

結果

施術前と比較するとトーンアップが一目瞭然です。

チャートのサンプルで比較するとこのような感じです。

さて、全て終わったらお会計時にお土産を持たせてくれるアフターサービスがありました。

うがい薬と歯ブラシのセット。

持ち運びに便利なケースに入っていて、歯磨き粉も容量多めだったのでオフィスに持っていって重宝しています◎

施術が終わって歯科クリニックを出たあとは、

少しだけ鈍痛があり歩く振動や冷たい風が当たると知覚過敏のような痛みが走りましたが、

当日のみで翌日からは痛みや不快感は一切なくなりました。

クリニック詳細

江南駅12番出口を出てすぐのマクドナルドが一階のビル14階に位置するホワイトスタイルは、

雨の日も濡れずに来れるアクセスの良い立地でした。

クリニック内に入ってすぐの受付には、ずらりと並ぶ表彰状やトロフィーの数々、

そして日本人だけではなく韓国人の患者さんも多くいたので地元民にも愛されている印象がありました。

施術チェア周辺も清潔に保たれ、日本の歯科医院と大差なく、安心感のある環境が整っていました。

日本の歯科医院で行うホワイトニング費用の半分程で効果を一度で実感できたので、大満足の結果となりました。

💎ホワイトスタイル歯科💎
▶︎公式HP()
▶︎Konest()
▶︎Blog()
▶︎LINE ID:whitestyle1
▶︎Kakao talk:whitestyle2