韓国整形の入国と費用ローンの注意点|通訳や両替は必要なしでホテルと飛行機はココ!

はじめての韓国での整形は、緊張しますよね。

ただそんな中でも、コストは極力抑えたい潜在的な思いがあるはず。

とはいえ、隣の韓国と言えど国が異なります。

予備知識を培って費用を抑えていい部分とダメなところをひとつひとつ確認していきましょう。

入国の際の超重要事項 ※罰金あり

韓国に入国する際、100万円(1000万W)以上を所持して入国する場合、申告が必要です。

1度目(初犯)は「罰金」ですが、2度目には「逮捕」になります。

整形手術を現金で支払う方もいると思いますが、私は実際に見つかった人が別室に連れていかれる様子を目の前で見たので、

海外という認識をもって現金の持ち込みには注意が必要です。

また、後の章で理由をまとめましたが、整形費用の支払いは現金ではなくカードの方が安全でお得です。

渡航費を工夫する

私は、豊胸や顔の脂肪移植etc.の比較的大きめな整形を行ったのは、基本的に韓国でした。

韓国の整形は年々増え続けていますが、ちょっとした工夫で数万円単位で旅費の節約ができます。

整形手術後のダウンタイムは辛いので、ひもじい生活や汚いホテルはイヤ。
それはもちろん大前提としています。

まず、多くの方が海外旅行と言えば、以下を利用するのではないでしょうか。

これ、NGです。友だちと行くならツアーはおすすめですが、ひとりで行く場合は割高になります。

HISではよく韓国ツアーが2万円を切って打ち出していることがありますが、

あくまで2人以上の予約かつ平日の場合です。

平日や友人と一緒に整形を受けに行くなら良いですが、ダウンタイムの期間も異なる場合がほとんどなので、ひとりで行く方が多いと思います。

では、ツアーではなくホテルと航空券を別々に取る手段をお話しします。

ホテル選定の工夫

まずはホテルからです。

ホテルは、

この3社が大手王道で何より最安値の提示とセールが豊富です。

どの予約サイトが一番いいというのはなく、メルマガの登録で定期的に10%OFFになる割引クーポンを送ってくれるので、

それとの掛け合わせにより差額がでてきます。

ちなみに、ブッキングドットコムを利用する場合、Booking.comカード の申込みで、世界の宿泊代金10%OFFに加え、

レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウェルカムドリンクなど無料でサービスが受けられるので、うまく使い分けるとお得になります。

また最近は楽天トラベルの海外ホテル取扱数も増えてきているので、

楽天カードとの掛け合わせで限定割引やポイントが多く貯めるという選択肢もあります。

航空券予約

LCCなどの格安航空券からスターアライアンス系の航空券まで網羅した、

海外航空券比較サイトを利用します。

出発日と帰国日、行き先など、ツアーを予約するのと同じ要領で簡単に比較ができます。

Wi-Fi

Wi-Fiは、空港での現地調達/現地返却がだいぶお得ですが、行き慣れていない国だとちゃんとピックアップできるかが、そもそも不安ですよね。

そんなときは、日本の出発空港で受け取れる事前予約がおすすめです。

※当日の申し込みより事前予約の方が早期割引があり、受け取りも受付に行かなくてもロッカーから受け取れる便利さもあります。

王道の4社を載せておきます。

これらもメルマガの登録で定期的に割引クーポンが付いているので、それを利用することで、

HPに記載されている料金から更に割引になります。

持っておくべき2つのカード

いつも使ってるカードでいいや、そんな風に思っているかもしれませんが、

実は海外こそカードの使い分けがとっても大事です。

無料のクレジットカードでも海外旅行の保障が付いているだけではなく、

日本だけではなく海外の空港ラウンジを無料で使え、更にそのでドリンクやお酒も無料に飲めるなんて贅沢なサービスも。

中でもエポスカードは特に海外でのサービスとサポートが手厚いので、迷ったらこの一枚は作っておいて損なしです。

更に、両替手数料の無駄を省きたいなら海外専用のプリペイドカードNEOMONEYを持っていれば間違いないです。

というのも、現金両替は手数料が高く、両替すればするほど手数料もその分伴います。

しかしこのカードの場合は、海外各国で使え、韓国だと5%もお得になるので、

整形費用などまとまった支払いをする際は特にかなり安くすみます。

以下、現金との比較表:

整形エージェントは利用しない

声を大にして言えないですが、仲介業者を使うともちろん高くつきます。

いまは日本や中国に韓国整形が人気になったこともあり、

それぞれのクリニックに基本的には通訳さんが常駐しており、LINEでの問い合わせも通訳さんが回答してくれるところが大半です。

もしくは、通訳アプリを使って韓国人のスタッフさんでも日本語で対応してくれます。

韓国の美容クリニックをどう探せばいいの?という方には、無料の整形情報アプリトリビューで下調べををするのが良いです◎

クリニック情報だけでなく、口コミも豊富なので、事前の情報収集にはもってこいです。

最安値は疑う目をもつ

韓国の美容クリニックは、無料のモニターを募集しているところも多く存在します。

ただ、だからといって整形の経験があまりないうちは、安易に飛びつくのは危険です。

節約術のテーマに矛盾しているように思えるかもしれませんが、知名度の低いところで

無料モニターを受けて失敗した(目が閉じれなくなったetc.)日常生活に支障をきたすような問題が発生しているのも事実です。

再手術になったときは初手術よりも、クリニック探しは難航します。

再手術は相当腕が良い医師ではないと難しいという理由と、費用も初手術の相場の倍以上します。

そうなったときに、メンタルもやられますし、お金も急に用意できないですよね。

そしてなにより失敗した状態で、再手術まで日々を過ごすのも辛いです。

急がば回れではないですが、整形手術にかかる部分の節約は安易に決めるのは少し危険です。

成功例を事前になるべく見ておく

いまは、オンラインカウンセリングを導入しているクリニックも多いので、

カウンセリングの為に渡航するのは少し勿体ない部分もあります。

ただ、事前に直接診てもらいたいですよね。

おすすめの方法が、オンラインカウンセリングやLINEでのやりとりで、事前に症例写真を見せてもらうことです。

ネットに公開していないものを見せてもらえるメリットもありますし、

わざわざ渡韓した後に、こんなはずじゃなかったというのもなくなります。

とにかく、事前の下調べや不安の解消のやりとりをできるところまでやっておくことが大切です。

整形ローン|医療ローン

日本で高額の手術の場合、整形ローンを組めるところがほとんどですが、

韓国の場合、30以上のクリニックに回った私でも一度も提案されたことはありません。

そんな時に、クレジットカードが1番便利且つレートを考えるとお得なのですが、

何らかの事情で発行が難しい場合におすすめなのが、デポジット型クレカです。

旅行パッケージや航空券、Wi-Fiレンタルの割引といった旅行時に役立つ優待や

iPhone・Pixel修理代金割引サービスなどの普段も活用できる優待サービスが付帯されているため、

韓国など海外での整形費用でローンを組もうと思っていた場合にはかなり役立ちます。

費用は現金とクレジットカードで換算額が異なる

整形するとなるとまとまった費用が必要になるので、

現金よりクレジットカードを使用する人の方が多いと思います。

ただ、整形以外でも、基本的に海外での支払いはクレジットカードで行うと節約に繋がります。

というのも、海外に行く際は必ず両替しますよね?

両替した現金とクレジットカード払いでは、レートも手数料も断然クレジットカードの方が安いのです。

韓国の場合キャッシュレス文化が日本より進んでいるので、そういった理由からもクレジットの方が煩わしさもなく便利です。

ちなみにポイントの貯まりやすさと還元率の良さから、私は楽天カードを使っています。

整形記録レポ

眼瞼下垂手術

豊胸手術(コンデンスリッチ)

ヒアルロン酸

ほうれい線