韓国薬局の美容品で買うべきはコレ!専売品は吸収率がバツグン

以前こちらの記事でお話した、コラーゲンは低分子でないと吸収率が悪いというお話。

美容大国韓国では、サプリの開発も日本よりも進んでおり、

総じて低分子の吸収率の高いものや配合の組み合わせも相乗効果の高い配合になっています。

中でも韓国薬局でしか購入できないコラーゲン・グルタチオンが主成分のサプリ吸収率が高く口コミが広がっています。

日本でも低分子サプリと謳う美容品は多く存在しますが、分子サイズを公開しているものは少ないです。

配合量+分子サイズ(500ダルトン以下)でサプリ選びをしないと、

いくら高配合であっても効果を感じないままお肌の改善にも繋がりません。

薬局専売のNUTRI PHARMAって?

(株)パムツプラスが健康機能食品、健康用品、解毒ジュースなどの健康関連商品を企画・開発して

「ニュートリパーマ」というブランド名で薬局に供給しています。

製品ラインは、オリーブヤングなど韓国のいわゆるドラッグストアでは販売をしておらず、

薬剤師の在籍している薬局のみでしか手に入らない、韓国薬局専用の製品なのです。

その分、栄養分も高濃度で低分子というメリットがあり、不安なことはきちんと薬局の薬剤師さんが説明をしてくれます。

サプリなど口腔摂取で吸収率を高める為に、ほとんどの製品の分子量を500Da以下としている優秀な美容ドリンクを展開しており、

日本では手に入らない稀少価値の高いものが揃っています。

Re&Cコラーゲン5000

初めて買う方におすすめ

ニュートリパーマのこのサプリはコラーゲン専門ベンチャー企業である(株)リエンシバイオとの共同開発で誕生した製品です。

お肉にはタンパク質、多量の脂肪とコラーゲンなどが含まれますが、実際の食事でのコラーゲンの吸収率は10%程度です。

食事でコラーゲンを摂取するには、信じられないほど多くの量を摂らないと効果が期待できないのです。

効果の期待できる分子サイズは500Da以下が理想と以前の記事で書きましたが、

​Re&Cコラーゲンで摂取した場合のペプチドは、30万ダルトンの高分子コラーゲンを加水分解して小さく分け、

100〜500ダルトンクリーとナノし、コラーゲンの吸収率が90%以上と非常に優れています。

研究段階ではインドネシア・ベトナム・タイなどの魚の鱗から酵素加水分解源泉技術を応用し

Re&Cナノコラーゲンの分子量は、ほとんど100〜400Da(500Da)以下のアミノ酸形なので、体内ですぐに吸収されます。

原料と含量(1日の摂取量1包5000mg)

500Da以下のナノフィッシュコラーゲン3000mg配合

– ビタミンC 250mg

– L-シスチン50mg ☞Lシステインが2分子結合したアミノ酸で、シミの原因となるメラニン生成を抑制し美肌・美白効果

– セブンベリー濃縮液500mg

– 結合組織に良いヒアルロン酸、グルコサミン含有

– 副原料:キシリトール、N-アセチルグルコサミン、海藻粉末、アルファ微分、アロエベラゲル粉末、パントテン酸カルシウム、コエンザイムQ10、乳酸鉄、ビオチン

※合成香料、着色料無添加粉末製品

Re&Cコラーゲン20000

ワンランク上のエイジングケアドリンク

Re&Cよりワンランク上のもので、エイジングケアとして更に期待が持てるのが、

コラーゲン20000です。

含有成分

  1. ナノコラーゲンペプチド50 – 20,000mg
    【以下↓コラーゲンの合成に相乗効果】
  2. コラーゲンペプチドtypeⅡ 210mg
  3. エラスチンペプチド50 – 1,000mg
  4. 鉄ナノコラーゲンペプチド – 10mg
  5. ビタミンC
    【以下↓体内エネルギー生成に役立つ強壮成分】
  6. プラセンタ – 2,000mg
  7. 韓国産紅参濃厚液 – 600mg
  8. ヒアルロン酸
  9. N-アセチルグルコサミン
  10. 葉酸
  11. ハチミツ
  12. セブンベリー濃厚液
  13. ビタミンB1.2.6.12
  14. ビオチン
  15. ナイアシンアミド
  16. パントテン酸カルシウム
  17. ガラナエキス粉末

3世代コラーゲンの原料

テラピア等の魚の鱗で、食物連鎖の上位ほど危険性も高くなるため、食物連鎖下位の魚を原料としています。

3世代コラーゲンは約400-500ダルトンの分子量に真皮・毛細血管・消化管粘膜への吸収率が85%と高く、

この製品の場合300ダルトンまでナノ化したため吸収率を更に高く製造したことにより、お肌への吸収率は驚異の98%!

ナノコラーゲン15000

1アンプルにコラーゲンペプチド60%配合

ナノコラーゲン15000は、アンプルあたりコラーゲンペプチド60%(ナノコラーゲン50%)15000mgを含む製品です。

コラーゲンは大きく3種類に区分され、分子量サイズが小さくなるに従い、第1世代、第2世代、第3世代コラーゲンに区別することができます。

ナノコラーゲン15000の特徴は、魚類の鱗に抽出した第3世代のコラーゲンで分子量500Dalton以下のコラーゲンペプチド(ナノコラーゲン)を使用したにあります。

含有成分

主成分

  1. コラーゲンペプチド(ナノコラーゲン、精製水)60%(15000mg)
  2. ヒアルロン酸粉末(トレハロース、ヒアルロン酸)1.2%(300mg)
  3. N-アセチルグルコサミン1.055%

​副原料:

シクロデキストリンシロップ、ベリーミックス濃縮液、ブラックカラント濃縮液、ブルーベリー濃縮液、イチゴ濃縮液、ラズベリー濃縮液、クランベリー濃縮液、アロニア濃縮液、ブルーベリーの香り、クエン酸、DL-リンゴ酸、ビタミンC、ステ降水配糖体、ビルベリー果実エキス粉末

韓国薬局専用のグルタチオン

A-Sel + thion Antioxidant

ニュートリパーマからリリースされたセレンとグルタチオンが含有された錠剤タイプの製品です。

名称はA-selthion:セレン+グルタチオン合成語からきています。

セレン(selenium)は必須ミネラルで

抗酸化機能を有し、有害酸素(活性酸素)から細胞を保護するために必要とされる成分です。

​グルタチオンよりも高い抗酸化作用が働くとみられ、他にも以下の作用があります。

  1. 抗ガン作用
  2. 白血球の食作用を助ける
  3. 動脈硬化抑制
  4. 細胞機能低下および老化抑制

成分配合は主原料でセレン、次にグルタチオンと続きます。

副原料としては、乾燥酵母・乾燥ビール酵母・菜種粉が入っており、

240錠入り(120錠* 2個)

摂取方法は、一日1回1錠の摂取で8ヶ月分です。

最近では、60Tabのパッケージにも出てきます。

​また、各種化学添加物の(ステアリン酸マグネシウム、二酸化ケイ素等)は不使用。

セレンの危険なリスクと副作用

セレンの1日の栄養摂取基準は、50mg、上限摂取量は400mgです。

過剰摂取すると、爪の変形や脱毛、胃腸障害、下痢、疲労感、焦燥感、末梢神経障害、皮膚症状を引き起こし、

重症の胃腸障害、神経障害、心筋梗塞、急性の呼吸困難、腎不全などに繋がる危険もあります。

セレンに限らず、サプリの服用は規定量を守って摂取することが大切です。