「プラダ注射」の効果と成分|他3種の最新アンチエイジング美容注射

韓国の最新美容「プラダ注射」

その薬剤を作っているのはフランスのMesotech社。

アンチエイジングに特化した化粧品や美容医療で用いる薬剤には、

アメリカのアンチエイジングの研究者であり皮膚科医のニコラス・ぺリコンが注目している成分も含まれています。

Bioact(プラダ注射):肌の活性化

バイオアクトは、研究結果でアンチエイジングに有効な結果があり、あらゆる肌タイプに適応し、

老化現象(コラーゲン線維の減少・しわや疲れて衰弱した皮膚)や

日光による損傷または非常に脱水された皮膚の治療に有効です。

老化の影響を防ぐだけでなく、フランス生まれのこの薬剤は最高品質の天然物質で構成されています。

Bioact(プラダ注射)によるアンチエイジング効果

成分

コカルボキシラーゼ(TPP)、D-グルクロノラクトン、コエンジマA(CoA)、グルタチオン(還元酵素)、デオキシアデノシン、5-メチルシトシン•HCl、デオキシシチジン•HCl、フェノールレッド•Na、デオキシグアノシン、酢酸ナトリウム•3H2O、ジホスホピリジン、ナトリウムグルクロン酸•H2O、ヌクレオチド•4H2O、チミジン、フラビンアデニン、トリホスホピリジン、ジヌクレオチド•2Na、ヌクレオチド•Na、D-グルコサミナ•HCl、Tween 80、グルコサ、ウリジン5三リン酸•3Na•2H2O。

アミノ酸
L-アラニン、L-アミノ酪酸、L-ロイシン、L-アルギニン•HCl、L-リジン•HCl、L-アスパラギン•H2O、L-メチオニン、L-アスパラギン酸、L-オルニチン•HCl、L-システイン•HCl•H2O、L-フェニルアラニン、L-シスチン、L-プロリン、L-グルタミン酸、L-セリン、L-グルタミン、L-タウリン、グリシン、L-スレオニン、L-ヒスチジン•HCl•H2O、L -トリプトファン、ヒドロキシL•プロリン、L-チロシン、L-イソロイシン、L-バリン。

ビタミン
p-アミノ安息香酸、アスコルビン酸、レチノイン酸、i-イノシトール、DL-トコフェロール、d-ビオチン、メナジオン、リン酸塩•Na2、カルシフェロール、ナイアシンアミド、リボフラビン、D-Caパントテン酸、ナイアシン、チアミン•HCl、塩化コリン、ピリドキシン•HCl、ビタミンAアセテート、葉酸、ピリドキサール•HCI、ビタミンB12
ヒアルロン酸1%。

BioLift:肌のリフトアップ

バイオリフトは老化の影響を弱め、早期老化に備えた開発から誕生しました。

線維芽細胞の老化は、ECMの合成と維持の低下を引き起こし、その結果、皮膚の混乱を引き起こします。

バイオリフトは、線維芽細胞の最適な機能と必要な栄養要素の供給により、老化プロセスを遅くします。

皮膚のハリを高めることが知られている有効成分であるジメチルアミノエタノールDMAE)と、

アンチエイジング活性があるヒスチジンに由来するジペプチドであるカルノシンも含まれています。

皮膚の筋肉フィラメントの収縮を刺激し、ボツリヌス毒素(ボトックス)と互換性があります。

出典:mesotech

成分

水、塩化ナトリウム、アスコルビン酸、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ニコチンアミド、リン酸マグネシウム。

活性剤バイアル
L-アラニン、L-カルノシン、L-グルタミン酸、グリシン、Lリジン、L-プロリン、  DMAE、L-バリン、ミネラル塩、ビタミン、アミノ酸。

ボトフェーズ:ボツリヌス毒素

ボトフェーズは、肌の見栄えを回復するために、深い皮膚層から作用するように設計された、再構築および引き締めのフェイシャルトリートメントです。

Argireline・SNAP-8Leuphasylなどの模倣ペプチド と、

ヒアルロン酸や  レチノールなどの他の成分の組み合わせにより肌を滑らかにする効果だけでなく、より弾力のある肌に導きます。

老化の最初の兆候の主な原因に対して働き、ボツリヌス菌と同様の効果(副作用なし)を持ちます。

効果

  1. リフトアップ
  2. 弛緩(顔、胸、脚)
  3. 皮膚のたるみ
  4. ネックフォールド
  5. シワ
  6. 肌の潤い

ヒドラリフト:保湿・引き締め

効果

  1. リフトアップ
  2. 皮膚のたるみ
  3. ネックフォールド
  4. シワ
  5. 肌の潤い
  6. 創傷治癒

構成は

  • ヒアルロン酸  1%
  • DMAE  1%

ヒアルロン酸  は、結合組織、上皮組織、神経組織全体に広く分布する非硫酸化グリコサミノグリカンです。

生まれたときは豊富に体内に存在しますが、そのレベルは加齢とともに徐々に後退します。

ゼリー状の物質で、コラーゲンとエラスチン繊維の間の空間を満たし、

皮膚におけるヒアルロン酸の役割は、必須栄養素が血流から生きている皮膚細胞に輸送されるメカニズムを提供し、

皮膚に水分を補給し、機械的および化学的損傷に対する緩衝剤および潤滑剤として機能することです。

そのフリーラジカル消去特性により、紫外線照射から皮膚を保護することができます。

1%水溶液製剤では、細胞間スペースを増やし、皮膚の弾力性と形状を維持する水和ゲルを形成します。

DMAE

私たちの体の天然化合物で、リフティング効果を生み出す。

皮膚で重要な役割を果たす神経伝達物質であるアセチルコリンの前駆体で、

ケラチノサイト、線維芽細胞、筋線維芽細胞、汗細胞、内皮細胞は、膜受容体を持ち、アセチルコリンに反応します。

DMAEの張力効果は、線維芽細胞の膜受容体のコリン作動性刺激をもたらし、

抗ラジカル活性および抗リポフスチン活性もあり、タンパク質のクロスリンク(コラーゲンとエラスチン)を修復します。

相乗的な組み合わせをもたらす可能性があり、その効果は以下。

  1. 真皮の非筋肉細胞の緊張
  2. ケラチノサイトの凝集と変位
  3. 角膜層の水分補給と弾力性
  4. 栄養と皮膚の防御の向上
  5. 抗酸化と皮膚の均一化

フランスで注目される日本で未浸透のアンチエイジング成分

有機ケイ素(メチルシラノールマンヌロン酸塩)

真皮内部のコラーゲン、エラスチン、プロテオグリカン繊維などの弾性タンパク質と相互作用することにより、

有機ケイ素は、弾力性、ハリなどを維持するのに役立ちますが、細胞の最適な代謝効率も維持します。

メチルシラノールのコラーゲンおよびエラスチンが保湿特性を有し、老化の最初の兆候を防止する酸化防止剤として作用します。

DMAE

抗老化物質であり、筋線維に作用して筋肉の調子を整え、抗酸化作用を持ちます。

フリーラジカルから細胞膜や真皮の他の構造を保護し、細胞の濁度を高め
、皮膚の老化を強力に減衰させます。

特許取得ペプチド「 AKESYN®-AKE 」

小さな合成ペプチドで、しわや笑い線の発生をすばやく減らすのに役立ちます。

3つのアミノ酸で構成されるSYN AKE分子は、

そのサイズとシンプルさのために化粧品を介して伝達され、

顔の表情を抑制し、それによって表情ラインの形成を防ぐことができます。

クロレラウルガリス

緑藻抽出物クロレラウルガリスは、ヒトコラーゲンの組成の一部であるアミノ酸の非常に豊富な供給源で、

真皮をサポートするタンパク質の分解を防ぐことにより、その合成を刺激するだけでなく、皮膚の弾力性を高めます。

コンドロイチン硫酸

グリコサミノグリカンですが、ECMには少量しか含まれていませんが

2つのメカニズムによって皮膚の状態に大きな役割を果たしています。

ヒアルロン酸の生成を刺激すると同時に、保湿と皮膚のボリュームを維持するのに貢献。

サプリとして摂取するなら、母の滴シリーズがおすすめです。