女性向けプロテインが太る理由と3種類の植物性プロテインの役割|ダイエットや美肌にはどれがいい?

よし、ダイエットしよう!と思い立った時に、

誰しも王道のプロテインダイエットを経験したことはあるのでは。

購入者の投稿レビューが高評価だと、つい効果がなかったものも繰り返し使ってしまったり…

もしくは逆に太ってしまった!なんて口コミも散見します。

実は、「プロテインダイエット=太る」ではなく

選び方に問題があったのです。

市販のプロテインが太る2つの理由

「プロテインは太る」と思っている女性も多いようです。

実際、市販のプロテインは飲みやすく、続けやすくするために糖や香料を加えて調整しているのがほとんどです。

本来のプロテインとは関係ないカロリーを増やしてしまっている状態に加え、プロテイン自体のカロリーは多くありません。

そもそも、プロテイン(タンパク質)は普段の生活で充分に摂れていますが問題はそのバランスです。

厚生労働省によると、全体的に現代人のタンパク質摂取量は動物性に偏っています。

そのため、意識的に摂りたいのがソイ・ホエイなどの植物性プロテインで、良質なたんぱく質を摂取することでしなやかな体づくりで大切です。

出典:しなりずむ

3種類の植物性プロテインと飲むタイミング

植物性たんぱく質は、美容業界で「食べる補正下着」とも呼ばれるほど重宝されています。

一度筋肉になると落ちにくく定着しやすいのもメリットで、満腹感をより長く維持しやすいとされ、過剰なカロリーの摂取を抑制できます。

その結果、体重をコントロールしやすく痩せやすい傾向となります。

甘酒の「レジスタントプロテイン」は美肌と整腸

レジスタントプロテイン の特徴は2つ。

  1. 油吸着パワー
  2. 消化酵素で分解されず体外へ排出

油の吸着パワーにすぐれているため、脂っこいものが多い現代人の食生活に注目されています。

さらにこのたんぱく質は、食物繊維様の生理機能を示す食品成分のため、消化酵素で分解されず、対外で排出されます。

一日一善 黒甘酒

大豆の「ソイプロテイン」は豆乳きな粉や抹茶で

大豆プロテインとも呼ばれ、吸収が緩やか。

女性に不可欠な働きをもつイソフラボンや身体のコンディションをサポートするサポニンが、女性らしい理想的なカラダ作りをサポートします。

また、大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンの代わりをしてくれる心強い成分です。特に閉経後の女性には必須成分といえます。

閉経後に女性ホルモンが減少することにより、動脈硬化や骨粗しょう症の原因になりやすいと言われてます。

飲むタイミング

スーパーフード「ヘンプシードプロテイン」のメリット

植物の麻(ヘンプ)種子(シード)のことで、28gあたり10gのタンパク質が含まれていて、これはチアシードや亜麻仁よりも50%も高い含有量です。

種子は良質な脂肪と必須脂肪酸が豊富で、ビタミンE、リン、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、硫黄、カルシウム、鉄、亜鉛を多く含んでいます。

植物はアミノ酸リジンを欠くことが多いため、完全なタンパク質源は植物界では非常に稀です。

スムージーや食事に振りかけることで簡単に摂取が可能で、ナチュラル嗜好の方に好まれる傾向にあります。

また、ヘンプシードがスーパーフルーツと呼ばれるには他にも理由があります。

高レベルのγ-リノレン酸(GLA)含有のため、PMSや更年期障害に関連する症状を軽減する可能性があり、

更には可溶性と不溶性の両方の繊維が大量に含まれており、消化に役立ちます

オートミールのプロテイン含有の特徴

オート麦120mlには、約6gのタンパク質と4gの食物繊維が含有し、マグネシウム、亜鉛、リン、葉酸も含まれています。

高含有とまでは言えませんが、米や小麦などの他の一般的に消費される穀物よりも高品質のタンパク質を含んでいます。

栄養価が高いだけでなく、植物性タンパク質をビーガンやベジタリアンの食事に取り入れられることから人気です。

便秘になるプロテインパウダーは乳糖に関係

日本人の4人に1人が乳糖不耐症といわれるほど、乳糖の分解ができないことから動物性のプロテインパウダーを摂取することで、便秘を招く原因になる場合があるといいます。

動物性のたんぱく質(プロテイン)とは、乳糖が含まれるホエイプロテイン卵白プロテインなどがあります。

しかし、ホエイプロテインにもメリットがあり、こどもの成長のためにも人気があります。

国際連合食糧農業機関(FAO)が提唱したプロテインスコアという基準値の最高点である100を取得し子どもの成長をサポートします。

たとえば、お子様の大切な成長期にたんぱく質をチャージ!【ごっちゃんごはん】 は安心安全で口コミでの人気も高いです。

卵白の「エッグホワイトプロテイン」

卵白はたんぱく質の吸収率と体内利用率が非常に高い素材であるため、シリアスフィットネスやボディビルなどでの筋肉作りに最適なほか、シニア世代の方々にも人気を集めています。

Gowvikes-ガウビケス-

女性向けプロテインは低糖質・低カロリーが重要

年齢を重ねるとカラダの変化を感じ、必要な栄養バランスや取り入れるべき成分も異なります。

具体的にどのように変化の経路をたどるかを認識するところからのプロテインの選択が大切です。

28歳をピークに7の倍数で女性の体に変化することがあり、

統計では、90%の女性が変化を感じているようです。

それは、7の倍数で変わる女性のリズムが関係しています。

28歳をピークに女性ホルモンやカラダのバランスは変化。ホルモンバランスと自立神経の乱れは、肥満の原因になります。

筋肉量も同時期に減り、そのため基礎代謝も下がります。

日頃からたんぱく質を摂取できていない女性は筋肉の分解が進みやすいため要注意です。

さらに、日本人女性はたんぱく質が足りていないというデータが厚生労働省調べで明らかになっています。

女性の9割がたんぱく質不足と過剰糖質

美容皮膚科トキコクリニックによると、血液検査でわかったことが、

「9割の女性が糖質を過剰摂取している一方で、たんぱく質が不足している」ということです。

ダイエットのために食事制限を行うとたんぱく質をはじめとする栄養素が摂取できなくなります。

たんぱく質は全ての動物の細胞を構成する主要成分であり、肌や髪・爪をキレイにする必須栄養素です。

糖質を抑えてたんぱく質を摂取できるプロテインの飲用はとても効果的ですので、合成甘味料やグルテンフリーのものを選び、低糖質・低カロリーのものを選択しましょう。

吸収率をあげる「アミノ酸スコア」とは

たんぱく質を体内で利用するには必須アミノ酸がバランスよく含まれている必要があります。

食品に含まれている必須アミノ酸がどれくらい満たされているかでアミノ酸スコアは算出され、100に近い数値であるほど吸収率が高いことになります。

アミノ酸の1種「HMB」が鍵

ダイエットやトレーニングの補助成分としてBCAAが推奨されますが、BCAAに含まれるロイシンが代謝されてできる物質がアミノ酸の一種であるHMBです。

HMBを毎日摂取すると基礎代謝を高める働きも期待できるので、より効率よくダイエットをサポートします。