赤ら顔を治すには治療よりクリームでのスキンケア方法が大切|肌赤みの原因と消すメイクにはコントロールカラー・化粧下地がおすすめ

赤ら顔の5つの原因と特徴

毛細血管のひろがり

顔にはたくさんの毛細血管があり、頬や鼻・あごなどは特に多くの血管があります。

  • 皮膚が薄い
  • 敏感肌
  • 皮脂分泌が多い

このようなお肌状態を感じるとき、ちょっとした刺激でも血管が炎症を起こすため毛細血管がひろがってしまいます。

そうなると赤血球が多くなり、赤みが出てしまうのです。

出典:赤ら顔をケアする【白漢しろ彩】

過剰なスキンケア

皮膚が薄いと血管が透けて見えやすくなります。

スクラブやピーリングやパッティングなど過剰ケアのしすぎは余計に皮膚を弱く薄くなる原因になります。

冷え性体質

血管は寒いと収縮し、温かいと拡張します。

顔や体が慢性的に冷えていると寒さから守るため血管が常に拡張しようとするため、体を冷やさないことが大切です。

ストレスや生活習慣の乱れ

ストレスや生活習慣などで自律神経が乱れると、血管が拡張された状態になってしまうこともあります。

ストレスは赤みのバロメーターとも言われるようです。

刺激物やアルコールを好む

アルコールや香辛料を摂りすぎると血管が拡張しやすくなるためです。

体験談|クリニックでのレーザー治療は効果的?

美容クリニックで赤ら顔の治療がありますが、私の場合東京美容外科の赤ら顔施術以外の美容クリニックでのレーザー治療は効果を感じることができませんでした

つまり、専門家でもはっきりと「こうすればいい」と言えないように赤ら顔はカンタンにはケアできないことが問題としてあります。

また、赤ら顔は皮膚が薄く毛細血管が拡張することで目立つとわかっていますが、レーザーの過度な繰り返しはお肌を更に薄くしてしまう恐れがあります。

出典:赤ら顔対策【ウルウ】

赤ら顔ケア|お肌の免疫システムを高める

健康な体を保つためには、異物や病原菌に対抗する「免疫」が重要ですが、

最近の研究では、このバリア機能を担うもののひとつに「皮膚の免疫システム」が関係していることがわかってきています。

皮膚の免疫システムの司令塔として働くのが、表皮の内部にある「ランゲルハウス細胞」で

この細胞が外部から侵入する病原菌や有害物質の情報をキャッチし、他の免疫細胞に伝えることで免疫機能を発動させます。

また、乾燥や紫外線などが与えるお肌ダメージを鎮静化する役割も担っています。

しかし、乾燥や紫外線、ストレスなどはこの欄ゲルハウス細胞の働きを低下させてしまいます。

また、清潔すぎる環境で過ごすと菌との接触が減り、免疫システムが乱れてしまいます。

するとアレルギーやアトピー、肌あれなどを引き起こしやすくなるとも言われています。

化粧品ケアで効果がない理由

ニキビや赤みなどのトラブルが出やすいお肌の場合、以下のスキンケア商品を選んでしまっている方が多いです:

  1. 有名なブランドだから
  2. 保湿力が高いから
  3. ヒリヒリしないから
  4. お肌に優しそう

しかし、このように安牌な選び方は根本的な改善になっていません。

つまり、積極的に赤みの原因へ直接アプローチする化粧品を選ぶ工夫が大切です。

赤み改善の2つのポイント

とはいえ、トラブルを招きやすい敏感肌の人は含有成分を見極めることが大切です。

成分なんて難しくてわからない…という方も、避けるべき成分を覚えておくことが重要です。

以下7つの成分は近年、スキンケアへの配合が少なくなってきていますが、有害成分として認知されています。

デパコスやドラッグストアにはまだまだ含まれているものも多いですが、

ネット通販で買えるものには商品説明がきちんと記載されているため含まれていないことが多いため、安心して使えます。

赤ら顔用のスキンケア化粧品にも含まれている場合があるので覚えておくことで肌質の悪化の予防や防止にもなります。

もうひとつのポイントは、有効成分の内容を確認して使っている人の声や口コミが立証されているものを選ぶことです。

たとえば白漢しろ彩の場合、 赤み改善効果を感じている愛用者が多く、実感度は1位です。

続きの口コミはこちら:【白漢しろ彩】

次に、有効成分とはどういったものがあるのか見てみましょう。

赤ら顔に悩む人たちの間で、口コミ人気急上昇中/ウルウ には

赤みを抑える稀少成分「アンボラエキス」というものが含まれています。

古くから傷痕治療や赤みを抑えるヘルスケア用途に使われてきたマダガスカル島の稀少植物「アンボラ」のエキスで、

セントカインと呼ばれるシグナルの分泌を鎮静化することで、肌の赤みを抑え透明感溢れる正常な肌へ導く効果を期待できます。

出典:赤ら顔にウルウ

クリニックでの専門家の判断も難しい赤ら顔対策に、まずはスキンケアからチャレンジしてみる人がほとんどです。

悩んだらまずは、毎日使う化粧品を変えてみてはいかがでしょうか。

【その他の赤ら顔におすすめのスキンケア商品】

赤ら顔メイクは化粧下地が重要

赤ら顔をメイクで隠したい!そんなときファンデーションでなんとかしようとするのではなく、

コントロールカラーや等しい効果の化粧下地を取り入れるのが効果的です。

一般的にコントロールカラーはローズ・ミント・ラベンダーが主流です。

  • ローズ:色白肌に血色感をプラスして、いきいきと明るい印象に
  • ミント:赤みを抑えてクリアな素肌に
  • ラベンダー:黄ぐすみ肌に透明感を与えてエレガントな印象に

お悩みに適したカラーのチョイスで、メイクの仕上がりに歴然の差が生まれます。