ローズヒップがスキンケアに最強な4つの効能とは

ビタミンの爆弾と言われる程、ビタミン量の含有が豊富なローズヒップですが、

アンチエイジングに最強な理由はビタミンだけでなく抗酸化成分が豊富なこともそのひとつ。

実際にどのような美容効果があるのかをみていきましょう。

ローズヒップの栄養成分

ローズヒップには以下のビタミンが含まれています。

  • ビタミンA
  • ビタミンB5
  • ビタミンC
  • ビタミンE

美白効果のあるリコピンやベータカロチンとして知られている色素には、お肌と目の健康を促進することが示されています。

また、カテキン、ケルセチン、エラグ酸などの抗酸化物質も豊富で、体内の炎症や酸化ストレスを軽減するのに役立ちます。

ローズヒップの歴史は長く、抗炎症作用と鎮痛作用があるため、伝統医学と民間療法で何世紀にもわたって使用されてきました。

アスタリフトホワイト

アンチエイジング作用

ローズヒップの種は多価不飽和脂肪が豊富で、健康な皮膚膜をサポートし、紫外線(UV)光線、タバコの煙、汚染などの炎症性化合物から皮膚を保護します。

アメリカの8週間の研究では、1日3 mgのローズヒップパウダーを服用すると、皮膚のしわが大幅に減少し、皮膚の水分量と弾力性が大幅に増加しました。

研究者たちは、ローズヒップの強力な抗酸化物質、ビタミンC、および脂肪酸に起因すると考えられ、皮膚のバリアを保護に役立つとしています。

ビタミンCを直接肌に使用すると、コラーゲンの合成と細胞のターンオーバーが大幅に向上することが示されています。

ファンケルのアクティブコンディションEX

ダイエット効果

ローズヒップは、潜在的な脂肪減少の補助として研究されています。

32人を対象とした12週間の研究では、毎日100 mgのローズヒップタブレットを服用すると、腹部脂肪が大幅に減少しました。

この効果は、脂肪代謝を増加させる可能性のある強力な抗酸化剤であるチリロシドに起因すると考えています。

ローズヒップを摂取すると、コレステロールと血圧が低下するため、心臓の健康が向上する可能性があります。

31人を対象とした6週間の研究では、毎日40グラムのローズヒップパウダーを含むローズヒップ飲料を飲むと、血圧、総コレステロール、およびLDL(悪玉)コレステロールが大幅に減少しました。

ローズヒップの副作用

ローズヒップは広く安全と考えられていますが、それらが妊娠中および授乳中に安全であるかどうかは現在不明です。

ローズヒップを大量に食べることの副作用に関する研究は不足していますが、ビタミンCを大量に摂取すると、吐き気、胃のむかつき、便秘、胸やけを引き起こしたり、

ビタミンCが原因で、ローズヒップの過剰摂取は、腎臓結石の再発、鎌状赤血球性貧血、およびヘモクロマトーシス(鉄障害)の人に害を及ぼす可能性があります。

ローズヒップティー4つの美容効果

抗酸化成分が豊富

抗酸化物質は、フリーラジカルにより引き起こされる細胞の損傷を保護・軽減する物質です。

抗酸化物質が豊富な食品や飲料を摂取すると、心臓病、癌、2型糖尿病などの慢性状態から保護される可能性があります。

6つの果実抽出物の抗酸化物質含有量に関する研究では、ローズヒップが最も高い抗酸化能を持っていることが判明しました。

具体的には、高レベルのポリフェノール、カロテノイド、ビタミンC・E が含まれていることが判明し、これらはすべて強力な抗酸化作用を持っています。

標高が高い植物ほど、抗酸化レベルが高い傾向があり、乾燥したローズヒップは、新鮮な品種よりも抗酸化物質が少ない可能性があります。

免疫力を高める

ローズヒップの利点の1つは、高濃度のビタミンCです。

正確な量は植物によって異なりますが、ローズヒップはすべての果物と野菜の中で最も高いビタミンC含有量を持っていることが示されています。

ビタミンCは、免疫系において:

  • リンパ球と呼ばれる白血球の産生を刺激し、感染から体を守る
  • リンパ球の機能を高める
  • 外の病原体に対する皮膚の保護バリアの維持を助ける

ローズヒップには、ビタミンCに加えて、高レベルのポリフェノールとビタミンAとEが含まれており、免疫システムの強化と保護に役立ちます

エイジングケア

減量をサポートする

植物のローズヒップには、チロリシドと呼ばれる抗酸化物質が多く含まれており、脂肪燃焼特性を持っている可能性があります。

肥満になりやすいねすみでの8週間の研究では、ローズヒップ抽出物1%を含む高脂肪食を与えられたねずみは、そうでないねずみよりも体重と胃脂肪が大幅に減少しました。

お肌の老化を予防する

コラーゲンは体の中で最も豊富なタンパク質であり、肌に弾力性を提供します。

ビタミンCは、コラーゲンの合成を促進し、太陽の損傷から皮膚細胞を保護することが示されています。

どちらも、肌を引き締め、若々しく保つのに役立つため、ローズヒップティーを飲むとお肌のアンチエイジング効果があります。

さらに、カロテノイドアスタキサンチンが含まれており、コラーゲンの分解を防ぎ、老化防止効果があります。

ローズヒップティーに含まれるカロチノイドも皮膚の健康に役立ち、ビタミンAとリコピンは、皮膚の細胞を日光による損傷から保護することで知られています。

アメリカの8週間の研究によると、1日あたり3グラムのローズヒップパウダーを摂取したことでしわが少なくなり、皮膚の水分と弾力性が向上したことが立証されました。