美肌ケアは食事から|スキンケアに最適な12の食べ物|お茶や果物・おやつにも美肌食生活

脂肪の多い魚

サーモン、サバ、ニシンなどの脂肪の多い魚は健康な皮膚に最適な食品です。それらはオメガ-3脂肪酸の豊富な供給源であり、皮膚の健康を維持するために重要です。

オメガ3脂肪酸は、皮膚を厚く、しなやかで潤いのある状態に保つために必要で、オメガ3脂肪酸欠乏症は、乾燥肌を引き起こす可能性があります。

魚のオメガ3脂肪は、発赤やニキビの原因となる炎症を軽減し、肌を太陽の有害な紫外線に対して防衛にもなります。

アメリカの研究では、魚油サプリメントが乾癬や狼瘡などの皮膚に影響を与える炎症や自己免疫状態との戦いを助ける可能性があることを示しています。

脂肪の多い魚は、ビタミンEの供給源でもあり、皮膚にとって最も重要な抗酸化物質の1つで、

フリーラジカルや炎症によるダメージから肌を保護するには、十分なビタミンEを摂取することが不可欠で、肌の強度と完全性を維持するために必要な高品質のタンパク質の供給源でもあります

また、魚に含まれる亜鉛は以下を調節するのに不可欠なミネラルです:

  • 炎症
  • 皮膚の健康
  • 新皮膚細胞の生成

アボカド

アボカドは健康的な脂肪が豊富で、これらの脂肪を十分に摂取することは、皮膚の柔軟性と保湿を維持するために不可欠です。

700人以上の女性を対象としたアメリカの研究では、アボカドに含まれる健康的な脂肪の種類が、よりしなやかで弾力のある肌に関連していることがわかりました

皮膚への紫外線ダメージは、しわやその他の老化の兆候を引き起こす可能性がありますが、

アボカドが太陽のダメージから肌を保護するのに役立つ化合物を含んでいることを示され、

アボカドはビタミンEの優れた供給源でもあり、皮膚を酸化的損傷から保護するのに役立つ重要な抗酸化物質で、ビタミンCと組み合わせるとより効果的です。

くるみ

体がそれ自体を作ることができない脂肪である必須脂肪酸の良い情報源です。

実際、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の両方が他のほとんどのナッツよりも豊富です。

オメガ6脂肪が多い食事は、乾癬などの皮膚の炎症状態を含む炎症を促進する可能性がある一方、オメガ3脂肪は、皮膚などの体内の炎症を軽減します。

亜鉛は、皮膚がバリアとして適切に機能するために不可欠で、創傷治癒と細菌と炎症の両方に効果が期待できます。

さつまいも

βカロチンという植物に含まれる栄養素を含み、体内でビタミンAに変換することができることを意味するプロビタミンAとして機能します。

ベータカロチンは、人参、ほうれん草、サツマイモなどの野菜に含まれています。

ベータカロチンのようなカロテノイドは、天然の日焼け止めとして作用することにより、肌を健康に保つのに役立ちます。

摂取することにより、この抗酸化物質はお肌に組み込まれ、日光への露出からお肌の細胞を保護します。これは、日焼け、細胞死、乾燥しわのある皮膚の予防に役立ちます。

パプリカ

さつまいも同様にβカロチンの優れた供給源であり、体がビタミンAに変換します。

またビタミンCの最もよい源の1つで、肌をしっかりと強く保つタンパク質コラーゲンを作るのに必要で、

たっぷり摂取することで、しわや乾燥肌のリスクが低下します。

ブロッコリー

亜鉛、ビタミンA、ビタミンCなど、皮膚の健康に重要な多くのビタミンやミネラルが豊富で、

ベータカロチンのように機能するカロチノイドであるルテインも含まれています。

ルテインは、酸化によるダメージから肌を保護し、肌が乾燥してしわになる可能性があり、

また、スルフォラファンにより、皮膚がんを予防し、日焼けから肌を保護するのに役立ちます。

トマト

トマトはビタミンCの優れた供給源であり、リコピンを含む主要なカロテノイドがすべて含まれています。

ベータカロチン、ルテイン、およびリコピンは、太陽からのダメージから肌を保護し、またしわを防ぐのを助けます。

トマトのようなカロテノイドが豊富な食品と、チーズやオリーブオイルなどの脂肪源を組み合わせることで、カロテノイドの吸収を増やします。

大豆

中年女性を対象としたアメリカの研究で、大豆イソフラボンを8〜12週間毎日食べると、小じわが減少し、皮膚の弾力性が向上することがわかりました。

閉経後の女性では、大豆は肌の乾燥を改善し、コラーゲンを増やし、肌を滑らかで強く保つのに役立ちます。

これらのイソフラボンは、体内の細胞を損傷から保護するだけでなく、皮膚を紫外線から保護し、皮膚癌のリスクを減らすことができます。

カカオ70%以上のダークチョコレート

アメリカの研究では、抗酸化物質を多く含むココアパウダーを毎日6〜12週間摂取した後、被験者のお肌はより厚く、より潤った皮膚になったことが立証されました。

また、肌の荒れや日焼けに対する感度が低く、血流を整え、お肌に多くの栄養素をもたらします。

別の研究では、1日あたり20gのハイカカオチョコレートを食べると、ミルクチョコレートと比較して、皮膚が燃焼前に2倍以上の紫外線に耐えることができることがわかりました。

緑茶

緑茶は、ダメージや老化からお肌を保護するのに役立ちます。

緑茶に含まれる強力な化合物カテキンは、皮膚の健康を改善し、日光によるダメージから肌を保護するのに役立ちます。

アメリカの60名の女性を対象とした1週間の12週間の研究では、毎日緑茶を飲むと、太陽にさらされることによる赤みを最大25%減らすことができることがわかりました。

緑茶は、肌の水分、ざらつき、厚み、弾力性も改善が見込まれています。

ぶどう

ブドウの皮に由来する化合物であるレスベラトロールを含むことで有名で、老化の影響を軽減することなど、幅広い健康効果があるとされています。

アメリカの研究では、皮膚細胞を損傷し、老化の兆候を引き起こす有害なフリーラジカルの生成を遅らせるのにも役立つ可能性があることが示唆されています。

赤ワインにも含まれますが、生のフルーツほどの含有ではないため、果実をまるごと食べることがお肌のためにはおすすめです。